オケ老人!

こんにちは、松川まりこです。

今日は、とにかく明るい気持ちになれる、こちらの一冊をご紹介します!

じゃじゃーん!

 

オケ老人!

著者:荒木源

発行所:株式会社 小学館

 

 

転勤先の街でふらっと入った

アマチュアオーケストラ「梅が丘フィルハーモニー(通称・梅フィル)」の演奏に

感動した高校教師の中島は、

学生時代に弾いていたバイオリンを引っ張り出し、

「ここに入団したい!」と、おぼろげな記憶で楽団名をネット検索します。

 

…が!!

間違って、よく似た名前の「梅ヶ丘交響楽団(通称・梅響)」に入ってしまいます。

しかも、梅響の団員は、よぼよぼの老人達!

そしてその演奏は、おぼつかなくて、めちゃくちゃ!(笑)

指揮者を引き受けることになってしまった中島ですが、

もどかしさを感じながらも、梅響と向き合っていくうちに、

次第に音楽の本質に気がついていきます。

 

しかしそこに、実は梅響と深い因縁のあった「梅フィル」との対立や、

国家機密の使命を負ったロシアのスパイの思惑も絡んでいきます…!!

ウソでしょーっ!?って思いながらも、

ドタバタとわかりやすい展開に、笑ってドキドキして、

人との繋がりにホッと一息つける一冊です。

そして、とにかく、うらやましくなります。

自分も、そこに加わりたいと!

 

 

『オケ老人!』は、映画化もされていて、

主人公の中島は、原作では男性なのですが、

映画では女優の杏ちゃんが演じていました!

映像化される作品は、その違いも面白さのひとつですよね。

 

こういうポジティブなお話は、

わたしは疲れたときに読みたくなります。

現実の重たさを忘れたいときなんかに…!!

軽い気持ちで読めるのが良いです♪

 

音楽をやっていた方も、そうではない方も、

「誰かと何かを作り上げる」素晴らしさを感じられると思います。

そして、自分もなんでも出来るような、パワーに満ちた気持ちになる一冊です。

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪