ずぼら食堂・大寒

生春巻き

 

明日は節分。

ずぼらなわたしは恵方巻きの予約をしたことはない。せいぜい、当日売れ残った恵方巻きの救済にこそこそと近所のスーパーに出向いたことがあるくらい。

 

今年は家で作ってみようか…とも思ったが、

生春巻きで恵方巻きもどきだ!と思いついた。恵方巻きは具にもいろいろと意味があるそうだが、この際気にするまい。

生春巻きはベトナム料理。春巻き用の「ライスペーパー」の原材料はその名のとおり、米。確かに、ベトナムにはほかにもフォーとか、米粉を使う加工品が多い。同じ米文化と言えど、使い方が違うっておもしろいなあ。

 

ライスペーパーはいろんなサイズがあるのでお好みのものを探してほしい。昔からよく輸入品店(ジュピターとかカルディ)でみかけたが、最近普通のスーパーでも入手できる。ちなみにご近所のスーパーではナンプラーとか分類しにくい調味料がごちゃっとあるところにさりげな~く並んでいた。

 

具は、なんでも好きなものを選べばいい。手巻き寿司的感覚に近いと思う。

お肉・お魚系:エビ、豚肉しゃぶしゃぶ、サーモン

葉っぱ系:レタス、水菜、ニラ、大葉

その他野菜:にんじんの千切り、ゆでもやし、アボカド、きゅうり

 

ライスペーパーは半透明なので、エビはまるごと使ったり、きゅうりはまるくきったり、形がはっきり見えるものがあるとおしゃれ。あと、断面が彩りがいいと写真栄えする。

 

材料をそろえたら、まきまきタイム!

ライスペーパーが一枚乗るくらいの大き目の平皿を2枚用意。

1枚には水をいれて、もう1枚はまくときの作業用。

 

たいていのライスペーパーは基本、水をさらっとつけて平皿に置いておけば、みるみるやわらかくなる。(袋の説明を要確認!)

そこに好みの具材をのせて、春巻きの要領でぱたぱた、くるくるすれば…完成。餃子のように皮に水をつける必要もなく、ここは超カンタン!

くっつきやすいので、できたものはあまり重ねないように(多少隣同士くっつくくらいであればはがせるのでご心配なく)。

ソースはお好みで、スイートチリソースや、ゴマドレッシング、ごま油に塩をかけたやつなどでも。バリエーションが楽しめるのも生春巻きのいいところだ。

さあ!できたらば2020年の方角、西南西やや西(右)に向かって、がぶり!

恵方巻きより短いのでありがたい(!?)

 

節分は、実家では一大イベントだった。

父親が全身に絵の具を塗りたくって等身大の鬼となって現われ、近所の子どもたちが本気で恐怖するというゆかいなひととき。

(決してこれが関東のノーマルな家庭ではない)

北海道は落花生をまくと聞いて驚いた。たしかに落ちても食べられるし、合理的~!

 

節分を過ぎたら、立春。

北海道の春は、まだちょっと先。

この記事を書いた人

ぴりか

記事一覧

AB型左利き、ついでに夫もAB型。東京山形を経て2015年から道民。 好きなことは、食、登山、漫画、朝ドラなど。