あけましておめでとうございます。

新年初の記事となります。

お正月、ゆっくり過ごされてますか~?

 

今日は、長いお休みに一気に読みたくなる、

少年漫画のようなシリーズをご紹介します♪

 

 

 ―シリーズ全8巻-

著者:あさのあつこ

発行所:株式会社文藝春秋

 

 

江戸から遠く離れた田鶴藩で、ある日、藩主が何者かに襲われます。

この家に仕える伊月は、その刺客と刀を交えるのですが、

剣が巧みな伊月でもかなわなかったこの刺客は、

剣だけではなく、なんと鷹も操る謎の少年。

そしてこの少年燦(さん)は、実は伊月と深い関わりがあり…。

彼が名乗る「神波(かんば)の一族」と田鶴藩の因縁とは何なのか、

そして、この二人に待ち受ける宿命とは…?

1巻は、これから広がる壮大な運命や謎を予感させ、わくわくさせてくれます。

そして2巻からは、舞台を江戸へと移し、物語は更に壮大に膨らんでいきます。

 

 

一冊一冊が薄く、読みやすいのですが、物語は凝縮されています。

時代劇のようなファンタジーのような世界観で、軽めに読めるかと思いきや、

重たい現実もあり、ふわふわ軽いだけの物語ではありません。

ふいに泣かされてしまうかも…!

 

登場人物たちもみんな魅力的ですし、

心情描写も、迫ってくるものがあります。

 

そして8巻まで読むと、、

全てが明かされたときに、衝撃が走ります!!!

これを知ってもう一度読むと、また味わいが違うだろうなと…。

 

 

もし実写化したとしたら、燦と伊月と、伊月が仕える藩主の息子の圭寿、

この3人の役は誰がいいかなあ、むふふ♪と考えるのが、

わたしの楽しみでもありました。(笑)

 

 

謎あり、アクションあり、出生の秘密あり、身分違いの恋あり、

…あれ?途中から韓国ドラマみたい?(笑)

飽きさせませんので、ぜひ手に取ってみてください♪

 

 

 

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪