書店リポート 台湾編

こんにちは、松川まりこです!

2020年に入り、もう1か月が経ちましたね。

 

最近、昨年を振り返りつつ、写真の整理をしました。

これまで、ほとんど海外へ出かけたことがなかったのですが、

昨年はタイミングが重なり、

2回、海外旅行へ行く機会に恵まれました。(わーい♪)

 

せっかくなので、今回は、

その際に立ち寄った本屋さんの紹介をしてみたいと思います。

ただ、もともと紹介するつもりがなかったので、

あまりきちんとした写真が残っていない…!

悔やまれます…!

 

台湾の本屋さん「誠品書店」

 

行ったのは、台北の中山駅という駅の近くにある「誠品生活」さん。

地下1階から地上5階までのフロアに、

雑貨やグルメなどオシャレなお店が揃っています。

台湾土産の購入などにも、人気のスポット。

 

「誠品書店」という人気書店によるショッピング施設で、

「誠品」の従来の書店の枠組みを超えた在り方は、

日本の「蔦屋書店」が参考にしたと言われています。

 

ちなみに「誠品書店」は、2019年に、東京にも店舗がオープンしたようです。

 

 

わたしが訪れた、中山駅の店舗(南西店)には、最上階に書店が入っていました。

 

落ち着いた店内に、本が陳列されています。

こちらの平積みは、新刊や注目の本が並んでいるのだと思うのですが、

手に取りやすく眺めやすい高さで、見た目もすっきり。

自然なんですが、なぜか新鮮に感じました。

 

 

 

書店というよりも、図書館にいるみたい!

 

 

翻訳されていますが、見覚えのある日本のタイトルもありました。

ここで出会えると思わなかった、面白~い! …と思って、一枚ぱしゃり。

 

この写真には、2015年に本屋大賞を受賞した上橋菜穂子さんの『鹿の王』、

同じく2017年本屋大賞で5位を受賞した村山早紀さんの『桜風堂ものがたり』、

芥川賞受賞の又吉直樹さんの『火花』、

あの有名な俵万智さんの『サラダ記念日』まで!写っています。

もちろん他にも、見たことのあるタイトルや作家さんの名前が。

 

観光をしていると、現地の方が「日本から来たの~?」と、

にこにこ話しかけてくれるくらい、親日を感じた台湾ですが、

地下鉄に乗っても、薬局に行っても、日本語の広告や商品が並んでいて、

身近に感じていただけるのは、

日本のものが身近にあるからなのかなと感じていました。

でも、日本の本まで翻訳されて、当たり前のように書店に並んでいることに感動!

 

写真はないのですが、日本の書店で販売している、

バッグやポーチなどの付録がついたブランドのムック本も、

日本の書店よりも品ぞろえが豊富なんじゃないかっていうくらい、

ずらーっと並んでいました。

一緒に行った友人は、日本で完売して買えなかったというムック本と

しばらく睨めっこして、諦めていました(笑)

↑輸入している分、日本で買うより高かった…。

 

 

その後、地下を歩いていると、札幌のチカホのようなところにも、

「誠品書店」を発見。

誠品の音楽館や珈琲店なども入り、

300メートルほどの長~い書店街になっています。

 

面白かったのは、活版印刷の判(たぶん)が売られていたこと。

自分じゃ持っていても使えないけど、こういうのわくわくします。

名前の頭文字、探してみればよかったかな。(笑)

 

本が好きでも、そうでなくても、きっと楽しめる「誠品書店」さん。

台湾旅行の際は、ぜひ訪れてみていただきたいです♪

 

 

ちなみに、今回掲載させていただいた写真は、すべて2019年7月のものです。

現在は変わっているものがあるかもしれませんが、悪しからず…!

 

思ったよりも長くなってしまいましたので、

もうひとつの国のリポートは、次回とさせていただきます(^^)

果たしてどこの国でしょう~、お楽しみに♪

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪