書店リポート アメリカ編

こんにちは、松川まりこです。

前回の記事では、台湾に旅行した際に訪れた

本屋さんの紹介をさせていただきました。(→前回記事はこちら

 

今回は引き続き、昨年旅行したアメリカで訪れた本屋さんについて

ご紹介したいと思います。

ご紹介する写真は、2019年9月のものとなります。)

 

 

アメリカの本屋さん「The Last Bookstore」

 

 

ロサンゼルスにお店を構える「ザ ラスト ブックストア」。

ダウンタウンの一角にある本屋さんです。

上の写真は、入口の扉にある看板です!

 

電子書籍やアマゾンなどが進出し、

本をただ置くだけでは売れない時代に皮肉を込めて

「最後の本屋」と名付けられたそう。

 

もともとは、銀行だった建物を改装していて、驚くのは、その広さ!

残念ながら、広さを感じさせる写真を撮っていなかったのですが、、(涙)

少し中の様子を紹介しますね。

新品の本も、古本も、レコードも販売しているお店です!

 

こちらは、児童書の古本コーナー。

アメリカ生まれのファンタジーと言えば『オズの魔法使い』なのですが、

いろんな種類の『オズ』の本がありました。

 

 

洋書の古本(特に児童書)が、大好きで…!

このレトロ可愛いイラスト・色味に惹かれたのですが、

重たかったので購入は断念しました(T_T)笑

 

 

↑こちらは、アート系の書籍に特化したコーナー。

美術書だけあって、表紙を見せる置き方がとても素敵。

美術展のような空間です。

 

 

↑そしてこちらは、レコードコーナー。

レコードだけでも、かなりの量があります。

好きな人は宝探し気分で楽しめるんだろうな♪

 

 

2階へ上がる階段は

 

こんな感じ。

2階に置いてある本のジャンルがペイントされています。

階段をのぼりながらも、わくわく感があります。

 

遊び心満載の店内は、楽しめる仕掛けが満載で、

2階に上がってまず目に入るのは、こちら!

 

立ち入り禁止のロープも写ってしまっていますが、

魔法の書斎って感じ??

まるでハリーポッターの世界のような一角。

 

 

そして2階の売り場には、こんなディスプレイも。

 

 

こちらの本のアーチは、裏側はトンネルのようになっています。

 

なんかボケボケですが、こんな感じ…

(人なしの写真がなかった~笑)

 

まるでテーマパークのように楽しかったです。

デジタルの世界で本を探したり買うだけでは得られない、

実際に足を運ぶからこそ楽しめる本屋さんでした。

「世界で最も美しい本屋ベスト20」にも選ばれているそう!

 

 

歩いて行ける距離に、LAセレブの朝食と言われているらしい(ほんとかな?笑)

「エッグスラット」という飲食店もあるので、

朝食にエッグスラットを食べてから、

「ザ ラスト ブックストア」に行くのもおすすめです♪

 

 

おいしかったですよ♪

 

 

 

この書店リポートシリーズは、果たして続くのか(笑)。

また旅行に行けると良いな~

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪