さくら

こんにちは。

少しづつ陽が長くなってきましたね。

 

今日は、ある家族を描いた、こちらの一冊をご紹介します。

 

 

さくら

著者:西加奈子

発行所:株式会社 小学館

 

 

長谷川家は、絵に描いたように幸福な家族でした。

仲の良い両親、人気者の兄、美少女ながら男勝りの妹、

そして可愛い犬のサクラに囲まれ、

主人公の薫も平和な少年時代を過ごします。

しかし、ある事件を機に、家族はばらばらになっていきます。

 

現実は幸せなことばかりではないということを受け止め、

乗り越えようとする長谷川一家。

そして、ばらばらになりそうな家族を見守って、そっと繋いでくれるサクラ。

 

わたしも昔、犬を飼っていたのですが、

そうそう、わんこって、いつの間にか家族の中心になってくれるんだよなあ…って、

読むたびに、そのさりげない距離感を思い出します。

家族の生活が中心のような気持ちで暮らしていても、

いつの間にか、わんこがそれを見守って、寄り添ってくれているんですよね。

 

わんこが話す言葉というのか…、何が言いたいかって、

一緒にいると、不思議とわかるんだよな~、なんて。

 

 

主人公の薫の目線で、

幼少期から家族の思い出が語られていくのですが、

長谷川家の人たちって、子供でも、妹でも、弟でも、

年齢は関係なく、「一人の大人」のように言動を尊重するんです。

そんな姿勢が素敵で、こう生きたいものだなあと思わせてくれます。

 

作者の西さんが書く文章は、

飾ったところがなく、友だちと話しているような、

直接届くような言葉がとても好きです。

 

 

何かを見失いかけながらも、

根底に深い愛情を持つ長谷川一家が、

愛おしくてたまらなくなります。

 

でもハンカチは必須の一冊です…(T_T)

月並みな言葉ですが、

何かにつきあたっても、辛くても、前に進まなければいけないんですよね。

 

こちらの作品、2020年の秋ごろに、実写映画化も決まっているようです。

ぜひ手に取ってみてくださいね。

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪