ずぼら食堂・春分

ハッシュドオニオンチーズ

 

春になると出回るのが楽しみなのが、新玉ねぎ。いつもの玉ねぎとは見た目が違い、ちょっと楕円のつぶれたような風貌。薄皮をむけば真白な透明感のあるおはだ。辛味が少なくて生でも美味しい優れものだ。

調べると、玉ねぎの生産量堂々1位は北海道なのだが、新玉ねぎは意外、静岡や九州地方での生産が多いのだそう。わたしが手にとったのも佐賀産。はるばる北海道へようこそ。

さて、今回は

山本まりさんのレシピで作ってみたいお手軽メニュー♪

ハッシュドオニオンチーズ

【材料】新玉ねぎ1個、ベーコン1枚、ピザ用チーズ約50g(大体ひとつかみ・大さじ6)、片栗粉(または小麦粉)大さじ34、水大さじ1。塩気が欲しい時は塩少々。

【作り方】新玉ねぎは1cm角に、ベーコンはみじん切りにしてボウルに入れ、ピザ用チーズ、塩少々、片栗粉、水を混ぜる。よく混ざったらフライパンに多めの油をしいてよく温める。生地を流し入れ蓋をして弱~中火で焼く。チーズがこんがりしたらホッ!と裏返し、両面こんがり焼けば出来上がり。

チーズが案外うまいことこんがり焼けてくれ、片栗粉も全体をまとめてしっとり感を演出。

これはお手軽!うま!

うれしいのは、ある材料や調味料で工夫が無限大なこと。

ベーコン以外でもなんでも合うので自分好みにアレンジしてほしい。ウインナー、豚肉のほか、ツナ、鰹節等、シーフードも合うそうだ。わたしは今回ブナしめじをプラス。

マスタードをつければ洋風、だしの素などをちょっと足して、だし醤油で食べれば和風。

弱火でじっくり焼けばとろとろに、玉ねぎがはいっていることを感じさせない。玉ねぎ苦手な子でもこれなら気づかず食べてくれそう。

強めの火で早めに焼き上げればシャキッとするそうで、今度やるときはやってみたい。

サイズも、ホットケーキ感覚でお好みの大きさで焼いてよし。冷めても美味しいのでお弁当用にも。

 

 

おまけ★フライパン雑学

この記事を書いた人

ぴりか

記事一覧

AB型左利き、ついでに夫もAB型。東京山形を経て2015年から道民。 好きなことは、食、登山、漫画、朝ドラなど。