ハリー・ポッターと呪いの子

こんにちは。

 

日ごとに暖かくなりますね。

別れの季節、そして出会いの季節、春ですね~。

 

なにか節目があると、

「あの時こうしていたら、どうなっていたかな」と振り返ることがあります。

でも、もしかしたら、いろいろな要因が重なって、たどり着いた「今」に、

大切にするべきものは隠れているのかもしれません。

 

今日ご紹介するのは、「時を戻す」ことがキーワードとなった物語です。

 

 

ハリー・ポッターと呪いの子

著者:J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン

舞台脚本:ジャック・ソーン

訳者:松岡佑子

発行所:株式会社 静山社

 

 

有名なハリー・ポッターシリーズ、

読んだことのある方も多いのではないでしょうか。

こちらの本は、ハリー・ポッターの物語から19年後の世界。

ハリーの2人目の子供のアルバスが主人公の物語です。

 

アルバスのコンプレックスは、「ハリー・ポッターの息子」だということ。

誰もが知る英雄の息子として、必要以上に注目され、

いつも肩身の狭い思いをしています。

アルバス自身は目立つタイプではなく、

常に父親と比べられる重圧と闘っています。

 

そんなアルバスの親友は、

かつてハリーと犬猿の仲だったドラコの息子スコーピウス。

スコーピウスも、出生にまつわる噂に振り回されています。

二人は、魔法学校で出会い、意気投合します。

 

そして、ある時、

ハリー・ポッターに関する

ある過去の出来事をひとつだけ変えようと、

世界にひとつ残っていた「逆転時計」(←過去に遡る道具)を盗み出し、

過去へと冒険に出ます。

 

しかし、変えた過去のために、現代では意図せず変わってしまった変化があって。

その変化を元に戻そうとすると、それは次第に、

世界を揺るがす展開に発展していきます…!

 

たったひとつだけ、良かれと思って変えた過去が、

戻ってきた現代を大きく変えてしまう…

 

たいていの人にはそんなチャンスはありませんが、

もっと生きやすい世界があったとき、

大事な人を助けられるチャンスがあったときに、

それを諦めてでも、今の自分や世界を「選び取る」のって、

勇気がいるかもしれませんね。

 

 

こちらの本は、脚本形式で書かれていて、

主に登場人物のセリフで構成されています。

はじめは、脚本ってどうなんだろう…と思っていましたが、

全然気にならず、とても読みやすい!

 

ハリー・ポッターシリーズを読んでいなくても楽しめるとは思いますが、

キャラクターや物語を知っていたほうが、数倍楽しく読めます。

懐かしい人物が登場して、同窓会をしている気分に…!

 

春休みに、シリーズまとめて読むのも良いかもしれません。

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪