本の検索がスムーズに!ISBNコードの話

こんにちは。松川まりこです。

わたしは普段、書店で働いているのですが、

お客さまから、お探しの本のお問い合わせを受ける機会が、とても多いです。

 

 

これは、わたしが書店で働き始めてから知ったことでもあるのですが、

今回は、お探しの本の在庫を問い合わせたいとき、予約をしたいとき、

これを伝えるとスムーズにいく「書籍のコード」をご紹介したいと思います。

 

 

 

本にはタイトルごとに「ISBNコード」というものがあります。

世界に一つしか存在しない、その書籍の番号になります。

 

 

ほとんどの書籍には、バーコードが二つ付いているのですが、

(たまにバーコードが付いていないものもあります。が、コードはあります。)

 

たとえばこちら、

(こちらは、先日ご紹介した『ハリー・ポッターと呪いの子』のバーコードです)

 

 

上のバーコードに記載された「9784~」から始まる13ケタの番号。

これが、この本のISBNコードです。

『ハリー・ポッターと呪いの子』のISBNコードは、

「9784863893467」だということがわかります。

(日本で出版された書籍は、ISBNコードが「9784~」から始まります!)

 

このISBNコードは、ネット上でも、

出版社の書籍紹介のページや、アマゾンなどに掲載されています。

 

 

もちろん、書店でお問い合わせいただく際は、コードがなくても大丈夫!なのですが、

たとえば「友達がこの本を持っていて、同じのが欲しい」といった場合は、

裏のバーコードを写真に撮らせてもらったり、

「ネットで調べてみた」という場合には、

せっかくなので、コードをスクショしておくとスムーズかもしれません☆

新聞で紹介されている本のコーナーにもコードが記載されていますので、

切り抜きを持っていくのも良いと思います。

 

 

また、似たようなタイトルがたくさんある本の場合、

たとえば、、探しているのが『かんたんにできる!〇〇の基本』という本だとすると、

『いちばんかんたん!〇〇』『かんたん!基本の〇〇』『かんたんにできる!基本の〇〇』…

といった似通ったタイトルの本も、同じ棚に並んでいたりするので、

実際に自分で探す場合にも、ISBNコードを控えていると、

実物のコードを見て確認ができるので、安心感があるかもしれません。

 

参考書や、お料理・裁縫・暮らしに関する実用書、

家庭医学に関する本や、パソコンの使い方などなど、、

似通ったタイトルの並ぶ棚は、けっこう多いものです。

 

 

他には、たとえば趣味の本などで、

口頭でタイトルを伝えるのが照れくさい場合などにも、

ISBNコードを伝えれば、在庫の確認をしてもらえるので、便利かもしれないですね。

 

 

そして、ISBNコードを持っていくと、

店員に喜ばれることも、間違いありません(笑)。

タイトルがあやふやでも、コードの数字が合っていれば検索できますし、

長くお待たせすることなく調べることができるからです。

 

書店の検索機って、タイトルが一字でも間違っていると検索に引っかからないので、

あやふやな場合は、一度ネット(アマゾンなど)でキーワード検索して、

本を特定してISBNコードを調べてから、

書店の検索機にかけて、在庫確認することになるんですよね。

なにより…、お待たせしてしまうのが、申し訳ない!!!

 

みなさんも、もし興味が湧けば、活用してみてくださいね♪

 

 

ちなみに雑誌には、ISBNコードがありませんので、ご注意ください。

こちらは雑誌コードというものがあるのですが、、。

また機会があれば(^^)

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪