気持ちを伝える手づくり文房具

こんにちは、松川まりこです。

家で過ごすことが多いこのご時世ですが、

おうちで何か作ることが増えた、という方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

何か作りたいなあと考えている方も、

せっかくなので、なかなか会えない大切な人へ

手紙や小包を送ってみるのは、どうでしょうか。

 

すぐにメッセージの届くLINEもいいけれど、

封を開ける瞬間のわくわく感や、手書きのメッセージって、

やっぱり特別な嬉しさがありますよね。

 

今日はこちらの本をご紹介いたします。

 

 

気持ちを伝える手作り文房具

著者:宇田川一美

発行所:株式会社池田書店

 

 

もともと文房具が好きで、

スタンプやマスキングテープやペンやノート…、いろいろ集めてしまう。

(使いきれていないものもたくさんある。笑)

手紙などのやりとりも、好きなほう。(あと回しになることも多々ある。笑)

何か人に渡すときは、ちょっと工夫をしたくなる。(でもおおざっぱで手先は不器用。笑)

 

そんなわたしの胸に突き刺さったのが、この本でした。

 

小物を入れられる簡単なラッピングや紙袋、

面白い仕組みが隠されたメッセージカード、

ふせんのように使える、簡単なメッセージなどなど、

32のバリエーション豊かで、素敵な発想のアイテムが紹介されています。

 

 

「ありがとう」という言葉だけではなくて、

手作りのアイテムでメッセージを贈ることで、

より具体的に気持ちを伝えることができるのではないか。

贈る人のことを思いながら、その人のために時間を費やして作るのだから、

きっと気持ちが伝わるはず、と、

著者の宇田川さんは、この本のコンセプトとして語っています。

 

そして、紹介されるアイテムは、どれも見栄えも抜群♪

もらったら嬉しくなること間違いなし。

おうちにあるもので、作れるのも嬉しい!

 

なるほどなと思うアイディアがたくさんあり、

宇田川さんの頭の柔らかさを感じます。

自分も身の回りの紙や空き箱を使って、

何か新しいアイディアを考えたくなるような、

そんな刺激も与えてくれる一冊です。

 

手仕事の時間というよりも、大切な人のことを考えながら作業する時間。

伝えたいことを考える、何が喜んでもらえるのかなと考える、

今こそ、ゆっくりと向き合ってみたい時間です。

 

 

 

目下の課題は、大量にあるマステを、どう活用するか…。(笑)

 

通りかかったイベントで量り売りをしていたので、つい買ってしまったときの写真。色合わせが楽しくて♡

 

気に入って買っているので、なくなると、それはそれで寂しいのですが(笑)、

なかなか、なくならないんですよね。

素敵な活用方法があれば、教えていただきたいです(^^)

 

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪