ある日の美容室での話

こんにちは、松川まりこです。

 

今日は、美容室に行ったときに、

担当の美容師さんとした、本にまつわるお話が新鮮だったので、

書かせていただこうと思います。

 

それは2月のこと、「蜜蜂と遠雷」という映画の話になったのですが、

観に行ったという美容師さん、一番最初に言ったんです。

 

「わたし、主人公役の松岡茉優さんの髪型に、すごく目がいったんだよね。」って。

 

「切りっぱなしっぽいイメージの潔いボブが、松岡さんが演じた役の

秘めた意志や力強さのようなものを表現してるんだって、すごく感じた」と。

髪型からキャラクターを読み取るなんて、さすが美容師さん!なのですが、

わたしにはない視点だったので、すごく新鮮でした。

 

こちらの作品は、もともと恩田陸さんが原作の書籍で、

わたしは本だけ読んで、映画は観ていなかったのですが、

書籍を映像化するのって、

(いや、もとが書籍ということに限らないかもしれないですが、)

髪型にまで世界観を落とし込んでいるものなんだと、驚きでした。

きっと、髪型や服装だけじゃなくて、ちょっとした空間の明るさ暗さ、

わたしの目にスーッと入って、通り過ぎてしまう小さなところで、

それぞれのスペシャリストが、全力で世界観を表現しているんですね。

 

 

わたしは、読んだことのある書籍が映画化されたときって、

「ああ~、この主人公の心情が良いところなのに、描ききってない~。」

「このエピソードは、単純に起こった「出来事」で済まさないでほしかった、

もっと複雑な事情があるのに…。」

みたいな、

なんていうんでしょう、じれったい気持ちになることが多く(笑)、

映画やドラマは、別物!好きな本の世界観を楽しめればそれでおっけー!と、

割り切って観るようにしていたのですが、

この話を聞いて、

映像作品って、単純にストーリーを目で追うだけでは味わいきれない、

世界観の表現があるんだと知りました。

 

 

そんな美容師さん、

自分が最近何に興味があるのか知りたいときに、

本屋に行くという話もしてくれました。

特にお目当ての本がなくても、そのとき興味がある本に自然と目が行くもので、

「ああ、自分って、いまこういうことに興味があるんだな」と、

客観的に知ることができるそう。

 

という話を聞いて、納得!

 

言葉として聞くまで、意識したことはなかったのですが、

わたしもまさにそうです。

気になるキーワードの入った本って、つい手に取っちゃうんですよね。

今まで全く興味のなかった棚が、あるとき急に情報の宝庫になったりします。

必要としている情報って、そのときそのときで変わっていくもの。

今の自分の興味が向いているものを意識するために。

自分のことを知るために本屋さんへ。

かっこいい。(笑)

 

今の状態がおさまってきたら、

ぜひそんな自分探しのお出かけ、してみてはいかがでしょうか。

 

 

美容師さんとの本にまつわる、ある日のお話、

つれづれなるままに書かせていただきました。

ちゃんちゃん♪

 

 

 

今日、載せるのにちょうどよい写真がなかったため、余談なのですが…。

 

いつも本紹介のときに本を撮影している本棚です。普段はこんな感じ…。結婚式で使ったウェルカムボードを飾っています。

 

 

夫とは、たまたま同じ美容室に通っていました。

 

わたしは、社会人になった頃から通い始めたのですが、

夫も高校生の頃から切ってもらっていたとのことで、

お互いわりと長く通っていたようです。

つきあうようになってから判明しました。驚き。

 

スタッフも少ないアットホームな美容室なので、

美容師さんもみんな顔見知りです。

二人で一緒に行ったことはありませんが、

旭川に住んでいても、今でも札幌に切りに行っています。

松川家の行きつけです。(笑)

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪