私の居場所

こんにちは、nicoです。

 

コロナが猛威を振るい、私達の生活が一変してから早3ヶ月。

我が家も息子達が日中も自宅にいる日々で、基本的にはリビングを占領されっぱなし。

 

朝ごはんも昼ごはんも晩ごはんも用意しなければならず、ぐったりしているお母さんやお父さんも多いのではないでしょうか。

私ももはや昼ごはんのネタ切れで、白目をむいている日々でございます。

まあそれも楽しみの一つにしてみようと、新しいメニューに挑戦したり慣れないお菓子作りなんかもしてみたり。

 

そんなこんなでとにかくキッチンにいる時間がいつもより多くなっている今日この頃なのですが、結婚してからは基本的に専業主婦なのでキッチンは私の大切な居場所です。

 

キッチンが汚れていると心も荒むので、まずはとにかくスッキリ綺麗を毎日維持する事がモットー。

我が家のキッチン。

あまり調理器具は見えるところには置かず、シンプルにスッキリするようにしています。

シンクのスポンジも白・黒・グレーのどれかで統一、洗剤容器も白のボトルに詰め替えます。どれも得意の100均の物なのですが、色がシンプルに統一されるだけでもスッキリ。

朝ごはんの後と晩ごはんの後、1日2回必ずキッチンリセットをしてこの状態にします。掃除が苦手なずぼらな性格だからこそこまめに毎日リセットを心がけて汚れを溜めないようにしています。五徳もコンロ周りの壁も全部拭きます。

溜めちゃうとやらないんですよね~私(^^;

 

背面のカップボード。お気に入りのエプロンとトースター達。

お気に入りの物に囲まれると、苦手な料理も少し楽しくなります。

 

カップボードもちらり。

食器も安物ばかりですが、開けたときに綺麗だと気持ちがいいので仕切り用のトレイなどを使ってアイテムごとに仕分けるようにしています。あとは使わない食器類は思い切って断捨離。

断捨離…

断捨離なんて立派なことを言ってはみたものの、自分自身が使うものが多いキッチンでは、ついつい気になったアイテムを収集しがちになるのも事実(笑)

 

ミーハーな私なので徹底して集めたわけではなく、素敵な物に出会えたら買い足す程度のコレクションですがちょっとご紹介したいと思います。

 

まずは蕎麦猪口。

すてき。

いちばん左の女の子?が描かれたものと、右端の縞模様は地元の陶器店 陶器のみずの さんで購入。色んな陶器が並んでいて(主に食器)、ゆっくり選んで少しずつ集めるのも素敵だなと思います。

真ん中の三つは毎年夏になると開催される陶器イベント、全国とうきまつりで購入しました。

全国とうきまつりは全国の陶器店が一堂に会し、長期にわたり全国を回って販売する陶器市です。

釧路には毎年夏頃になると来てくれるのですがこれが私の毎年の楽しみで、毎年少しずつ和食器を購入しているのですが蕎麦猪口もそのひとつ。じっくりじっくり吟味して選びます。

いちばんのお気に入りは左から二番目の人が沢山描かれた物。ちょっとお高かったけれど、この年は他の陶器は我慢して一目惚れのこの蕎麦猪口だけ買ったのです。大切に大切に使います。キッチンに椅子を置いて(正確には踏み台を椅子代わりにして)、コーヒーを注いでゆっくりするのが至福の時。

残念ながら今年のとうきまつりは中止になってしまいましたが、来年は例年通り開催されるといいな。

 

お次はカッティングボード

ちょっとこ洒落たい時に欠かせないアイテム(笑)

普通のお皿もいいけれど、カッティングボードに乗せるだけでなんかばえる。

キッチン周りにごちゃごちゃ調理器具を置くのは好きじゃないけど、これならオシャレだから飾っておきたいと訳のわからんよこしまな気持ちで集めだしたのがきっかけです。

 

一番下の縦長のボードと切り株のようなボードはニトリの物。お安いし可愛い、最高です。

真ん中は数年前のロッピスで購入した胡桃の木でできたボード。ハンドメイドなので温かみがあり、持ち手の部分も味があります。

一番上の丸いのは無印良品。つるんとしていて可愛い。

 

ほんの少しだけどコーヒーキャニスター

左から、中川ワニコーヒーのコーヒー缶、Café&life akaoさんのコーヒー缶、syuroのブリキ缶。

もともと珈琲は全く飲めない私でしたが、家を新築した時に珈琲が大好きな主人が新しいキッチンで豆を挽いて珈琲が飲みたいと言い出したのです。豆を挽いて珈琲を落とした時のキッチンに広がる香りを楽しみたいと。

私が珈琲を飲めないから、ミルを買ったり豆を挽いたりなんてのは諦めていたそうな。どんだけ鬼嫁なのよ私(笑)

いやいやそんな、挽きましょう飲みましょうってことで私も珈琲デビュー。どんどん珈琲の美味しさにハマっていったわけなのです。

 

サーカスコーヒーだとかツバメコーヒーだとかブルーボトルコーヒーだとか、オシャレで美味しそうな珈琲は色々ありますが、SNSで目に留まった中川ワニ珈琲。電話で好みの焙煎具合を注文し、コーヒー缶も一緒にお取り寄せ。コーヒー缶デビューはこのワニ缶でした。

真ん中の細長いのは十勝池田町にあるオシャレカフェ、Café&life akaoさんで購入したもの。ああ、ゆっくり珈琲飲みに行きたい。

小さなブリキ缶はShuRoのもの。職人さんが一つ一つ手作りしているそうな。釧路のとても素敵なカフェ、地元民なら誰でも知ってるRhythmさんで見つけてお持ち帰り。

 

コレクションなんてとても言えないけど、ドライブや旅行なんかの途中に隠れ家のような素敵なカフェを見つけて、オリジナルのコーヒー缶なんて売ってたら、またゆっくりゆっくり集めていきたいものです。

 

 

いやもうどれも中途半端!!なのですけれども、私の大切なキッチンに少しずつお気に入りを集めて思い出と一緒に大切にしていきたいなと思うのです。

そして少しでも居心地がよくなるよう景観も大切にする事も忘れないように。そんな風にまた今日もせっせとご飯を作るのでした。

この記事を書いた人

nico

記事一覧

釧路生まれ釧路育ち。 2016年に念願のお家を建ててからインテリアにどっぷりハマる。 変わりやすい好みとお財布事情に折り合いをつけながら、身の丈に合ったインテリアを楽しむ日々を綴ります。 好物は珈琲、タコ、チーズ。