幽霊屋敷で魔女と

こんにちは!松川真梨子です。

お久しぶりの投稿となってしまいました。

本日も、本のご紹介をしたいと思います。

 

子どもの頃って、大人と離れて、子どもだけで暗い時間に外を出歩いたり、

お店に入って食事をしたり、交通機関を使って移動したり、、

そんなちょっとしたことで、冒険をした気持ちになりませんでしたか?

 

そんなわくわくを思い出させてくれる一冊です。

 

 

 

幽霊屋敷で魔女と

著者:山中恒

発行所:理論社

 

生まれてすぐに母親を亡くし、おばあちゃんと暮らしていた小学生のマイ。

でも、突然のおばあちゃんの死と、離れて暮らしていたお父さんの再婚で、

新しいママと、同い年の連れ子のシューと4人で暮らすことになります。

新しい家は、幽霊屋敷と呼ばれる古い洋館でした。

新しいママは、美人で、優しくて、仕事が出来る人。

でもある日、マイと似た境遇で、今まで母親と離れて暮らしてきたシューから

「あの人は魔女かもしれない」と打ち明けられます。

最初は半信半疑のマイですが、次第にママがどこかおかしい…と感じ始めます。

恐ろしい魔女に目を付けられたマイと、秘密を分かち合うシュー、

幽霊屋敷と呼ばれる洋館の秘密と魔女との関わり、マイを守るおばあちゃんの幽霊!(笑)

 

魔女はこわーいですが、けっこうマイの肝が据わっているので、

読む側も、どんと構えていられるのと(笑)、

全体的にどこか喜劇的で、テンポよく読める一冊です。

 

 

そしてこの本、子どもの頃に憧れるシチュエーションが散りばめられています。

幽霊、魔女、洋館…そんなキーワードもわくわくしますが、

幽霊屋敷と呼ばれているとは言え、

プールもブランコも付いた大きな洋館に住むことができて、

広~い1人部屋が当たり、

優しいママが、欲しいものはなんでも

与えてくれて(テレビもラジカセも電話もオシャレな服も!)。

放任主義で、自分の判断で好きなように行動させてもらえる。

しかも、家族ではあるのですが、

同い年のシューが、親友のようで、共犯のようで。

秘密を共有できる相手が近くにいて、毎日お泊まり会をしているみたいなのが楽しそう。

 

ちょうど、この本を初めて手に取ったのが、マイと同い年の頃だったので、

まさにわたしの「こうだったらいいのに」が詰まっていて、

自分とマイを重ねて、わくわくしたものです。

しかも、マイ自身は気取るところがなくて、庶民的で、馴染みやすいのも良いところ♪

 

大人になってから読んでも、子供の頃のちょっとした冒険心を思い出させてくれて、

わくわく出来るお気に入りの本です。

親子で読める一冊、ぜひ手に取ってみてください。

 

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪