農休日〜その2〜

こんにちは! YOME?!です。

前回、農家の休日編を書いたのは、昨年の8月。
決して、それ以来…というわけではないのですが、
先日、久しぶりにゆっくりとした1日を過ごしました。

昔は、「農休日」という制度があったり、じいちゃん曰く
「百姓は雨の日が休み」とのことですが、最近は雨の日でも
草刈りがあったり、倉庫の整理や事務仕事があったりで、なかなか
「休日らしい休日」というのは、あるようでないのが農家の宿命。

それでも、北海道の畑作は冬がオフシーズンなので、
その分夏場は休みなしというのが普通ではあるのですが…。

さてさて、雨がしとしと降る休日。
近場にドライブに行きました。

1軒目は、最近ハマっている『小麦の奴隷』というパン屋さん(大樹町)。

もうね、この店名からして、好きですww

一度聞いたら忘れられないネーミング。そして、この秀逸なロゴマーク。
シンプルなオレンジとブラックが渋いですよね。

小さな町の小さなパン屋ですが、オープンしたのは最近のこと。
一番有名なのが、「北海道で最もザックザクなカレーパン」です。

ナニ?! このイボイボ!

って思うでしょ?!

カレーパンといえば、どこのパン屋さんにもあって、
思い出してみると、大概がパン粉が周りについてるんです。

ところが、ここのカレーパンは、周囲にクルトンがびっしり!

最初の時こそ、口に入れた瞬間「あ、いてててて」みたいな感じになるんですが、
なぜかこれがやみつきになり、、今回は前回で慣れたからか、改良がなされたのか、
ザクザクっとした感触で食べやすかったです。

もちろん、そのほかのパンも美味しいし、
店員さんがシャツ&蝶ネクタイなのも可愛い。

「おばあちゃんが丁寧に作った(嘘)カスタードおやき」とか、
「魔女の杖」とか、
「リンゴちゃんと結婚しようよ」など、個性的なネーミングもセンスあり♪

と、楽しく、美味しいパン屋さんなんです。

 

カレーパンをめでたくゲットできたので、お昼は更別村にある『熱中食堂』へ。
ネーミングでいえば、どっこいどっこいですね。

こちらは、全国各地にある大人の学校「熱中小学校」の発展形。
更別には、熱中小学校ができた後、さらに一帯がキャンパス化され、
ゲストハウス・レストラン・コーヒーショップ・マルシェ・スタジオコンテナ
などがズラリと並ぶ、魅力的な一画ができているんです。

こちらが、ゲストハウスとレストランの入り口。
とってもおしゃれな空間です。

子供づれでももちろんOK!
メニューは、ハンバーグや豚丼、パスタ、ピザと豊富。ドリンク類もリーズナブルです。
(それでも、食材は厳選された地元のもの!)

こちらはシーフードカレー。私はマルゲリータを頼んだのに、うっかり写真を撮り忘れてしまいました。。。

 

最後に、同じ更別村の『お菓子のニシヤマ』を訪ねたら、今日の旅は終了〜。

頼んでからその場でクリームを入れてくれるシュークリームや、フワッフワの「まるよロール」が人気のお店。

どうです〜??
郊外にも、素敵なお店がたくさんあって、どれもこれも美味しい!!

さすが、食の王国十勝って感じです。

たくさん美味しいものを食べて、気持ちも心も充電。
今は、皆さん感染症対策に気をつけながら営業されているので、こちらも安心して
行くことができます。

地域のお店が元気なことが一番。
遠くには行けないけれど、こうした地域の小さいお店を訪ねられることも、良いことかも。。

さて、今度の休日はどこに行こうかな〜〜。

 

小麦の奴隷

広尾郡大樹町西本通26
月曜日
http://komuginodorei.com/

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。