28文字の片づけ

こんにちは。松川まりこです。

 

突然ですが、片付けって得意ですか?

 

わたしは、今日こそ心を鬼にして物を捨てよう!と意気込むも、

『いる』『いらない』と振り分けているうちに、

「これ懐かしい~~!」「あ、まだ使えるかも」と見入ってしまい、時間がかかり…。

時間をかけているうちに、結局捨てられなくなります(^^;)

 

そんな時に出会った、この本。

これを読むと、すっきりと物を手放せたので、ご紹介します。

 

 

28文字の片づけ

 

著書:yur.3(ゆりさん)

発行所:主婦の友社

 

帯の、「今日の下着で救急車に乗れるか?」という言葉を見た瞬間、

ページを開いてみたいと心を掴まれました。(笑)

 

中身は、片付け方の説明というよりも、

ものを手放すときの意識の持ち方という感じです。

 

 

 

「まだ着られる」と思うのは

「もう着たくない」から。

 

 

 

大事なものなら

そもそも「捨てるか」迷わない。

 

 

 

 

読んでいて、ぐさぐさと心に突き刺さります。

でも、とてもスッキリするんです。

 

 

この本はわたしにとっては薬のようで、(笑)

読んでから部屋を見回すと、がーーっと物を捨てられます。

ただし、効果は約3日ほど。(※効果は人により差があるかと思います(笑))

 

「今日は服!」「今日はあそこの棚!」と

無理のないよう、1日1カ所づつ整理していましたが、

まだ、手を付けられていない場所がたくさんあります……。

 

著者のゆりさんのように、少ない物を大切に、豊かに暮らしたい…!

とすごく憧れます。

厳選したお気に入りにだけ囲まれて生活するって、素敵ですもんね。

 

でも、

やっぱり「かつてお気に入りだったもの」を捨てるのは勇気がいるし、

う~面倒くさい、誰か代わりに捨ててくれ~~!という気持ちもやはりまだあり…。

 

 

こんな風に、効果が切れると、また気持ちがたるんできてしまうので、

気を引き締めるためにも、これからも手元に置いておきたい一冊です。

読むとまた、きちんと効果が出始めます。

 

ちゃんと自分自身で、物を選び、片付ける時間を通して、

本当に大切にしたいものと向き合っていくべきですよね。

 

 

心につきささる、シンプルな言葉たち。

みなさんもぜひ、味わってみてください!

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪