第16回「美園・松竹湯さん①」

こんにちは!
大沼有加です。
かなり久しぶりの更新になってしまいました。
前回の更新から1ヶ月以上経っているので、北海道のまちの状況も大きく変化し、まだまだ注意は必要ですが、お出掛けなどもできるようになってきました。

わたしも久しぶりに働いている銭湯以外でゆっくりお湯に浸かることができました。
いつもの銭湯ももちろん最高ですが、たまに足を伸ばして少し遠くの銭湯に行くと、すごくリフレッシュできておすすめです!

しばらく書けていなかった銭湯紹介の記事も、今回から再開させていただくことにしました。
そして突然ではありますが、より北海道の銭湯の魅力が皆さまに伝えられるよう、今回から少しだけリニューアルしてお送りいたします。

実はこの度、銭湯が大好きな道産子「おゆ太郎」が誕生しました。(わ〜い!)
今後の銭湯紹介はこの子にお任せしていきたいと思います・・・!

なまえは「おゆ太郎」。性別はなし。
湯気から生まれた道産子で、湯気のかたちの髪の毛が特徴。
口ぐせは「〜だゆ」。
好きなものは、銭湯巡りとお風呂上がりのフルーツ牛乳!
好きなお湯の温度は41度。
どうぞよろしくだゆ〜( ^.^ )

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おゆ太郎だゆ!
今回はおすすめのお風呂屋さんと、そのすぐそばの、ぜひ合わせて行ってほしいおすすめのご飯屋さんを紹介するね!

今日降り立ったのは、地下鉄東豊線「美園駅」。
美園駅は中心部の大通駅やさっぽろ駅から10分かからず着くから、平日のお仕事おわりにふらっと行くこともできるね〜!

ちなみに、美園駅の改札横に、こんな自動販売機があったゆ〜

近くの美容室「j flag」さんのオリジナルシャンプー「美園シャンプー」。

スタンダードな「凛-RIN-」と北海道(寒冷地)の夏のためのシャンプー「黒chan」。
ふむふむ。北海道のためのシャンプー、どんな使い心地なんだろう?
美園シャンプーを買って銭湯に行くのもいいね〜!

さて!まずは美園駅の1番出口から出て、

矢印の方面に向かってまっすぐ歩くゆ。
5分くらい歩いたところにある大きな十字路を右手に曲がるとすぐに見える銭湯「松竹湯」さん!

今日紹介する銭湯はここだゆ〜^^

どん!さっそく店内に入って行くゆ。

銭湯の木板の鍵の下駄箱って素敵だゆね〜
見て見て!鶴と亀のデザイン。とってもかわいいな〜!

「いらっしゃませ」と優しく迎えてくれる番台さんの後ろにはお風呂道具がとっても綺麗に並べられていたゆ。
気持ちがいいね〜( ^.^ )

脱衣場へは、綺麗な藍染暖簾がお迎えしてくれるゆ〜

「男湯」「女湯」の木板の看板も渋くて素敵だね!

さてさて!
ここからついに、脱衣場や浴室へ入って行くんだけど、その様子は次回の更新でお届けするゆ〜。
女性に嬉しい「◯◯◯◯サウナ」もあったり、紹介したいことが沢山あるから、お楽しみに〜!!

おゆ太郎でした!またね〜!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というわけで、今日は美園駅そばの「松竹湯」さんに訪れたおゆ太郎。
浴室に入ってなくても感じるお店づくりの丁寧さと清潔さ、渋みの良いバランス感!

近々続きを更新いたしますので、しばしお待ちくだい。
それではまた!
次回もどうぞよろしくお願いします。

2020.07.11
大沼 有加

松竹湯

〒062-0007
北海道札幌市豊平区美園7条3丁目3−13
水曜日・土曜日定休

https://goo.gl/maps/XghpSrXu56uWj4WLA

この記事を書いた人

大沼有加

記事一覧

1993年生まれ。札幌市立大学デザイン学部卒業。 夢は地元札幌で銭湯経営すること。東京都内の銭湯で修行中。