ハロウィンかぼちゃ

こんにちは! YOME?!です。

10/31はハロウィンですね。
ここ最近は、バレンタインよりも盛り上がるイベントに成長しているのだとか。。雑貨グッズコーナーも充実の品揃え。全国各地で仮装パーティーやイベントの様子が伝えられるようになりました。

そこで、欠かせないアイテムが、「ハロウィンかぼちゃ」。

こちらは珍しいふたごちゃん。

 

なぜカボチャなのか?

調べてみると、ハロウィンはもともとヨーロッパのケルト人の間で行っていた収穫祭のこと。
そこでは、当地で収穫される「かぶ」が使われていたそうですが、
アメリカに渡り、かぶがなかったために「かぼちゃ」になったとのこと。
それなら、日本では「イモ」や「たまねぎ」でもおかしくないかも?
と、思いながら、もちろんかぼちゃも収穫時期であることに変わりはありません。

日本のお盆と同じように、霊が帰ってくる、とされていた収穫祭では、
先祖の霊だけでなく、悪霊もついてくると言われていました。
その悪霊を追い払うために、かぼちゃのランタンが魔除けの意味で使われていたのだそうです。

 

農場でも、食用のかぼちゃのほかにハロウィンかぼちゃを育てています。販売用として以前は巨大なものも作っていましたが、今は手で運べる範囲の大きさと量を作っています。

 

さて、この時期。ファームステイの修学旅行生たちにも必ず体験してもらうのが、

『かぼちゃのランタンづくり』。


図案を書き、中身をくりぬいて作ります。
1時間~2時間程度でできてしまうので、作るのは意外と簡単。

 

イメージするのは、▲の目とギザギザの口でしょうか。それでも、一人ひとり個性が表れます。

北海道マークなんていいですね。

 

こうした手仕事を得意とするのはオットの弟。
アーティストタイプの彼は凝り始めると止まりません。


北海道をイメージしたもの。穴を空けずに表面を彫刻刀で削るとこんな感じになります。

海外の人に喜ばれそう、と写楽と葛飾北斎の富嶽三十六景風。

 

アイデア次第で面白いハロウィンかぼちゃが作れるんですよ。

我が家のゲストハウスにも並んでゲストをお出迎え。

 

さて、明日はハロウィンです!皆さんはどのように過ごされますか??

 

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。