我が家の壁事情

こんにちは! YOME?!です。

今年の我が家の窓からの風景は、「デントコーン」。
春にまいた種はぐんぐん育ち、今や2m以上。
いつもは雄大な日高山脈を望む窓も、すっかり「目の前デントコーン」状態です。。


デントコーンは、スイートコーンと違い、牛などの家畜飼料になります。
牛屋さんが実だけ取りに来て、その後の残渣は有機物として土に漉き込みます。
それまであと1ヶ月ほど、この景色が続く予定。

ちなみに、2階からはこんな感じ。

 

そんな我が家一番の「アート作品」を飾っているのはこの窓なんですが、
その他に「壁」に飾っているものをご紹介します。

まずは玄関を開けたら「いらっしゃい」。

これ、オットが作りました。タイル作家のジュンコさんと知り合ってから
すっかりハマったタイル。1cm角のタイルで表現した十勝の大地から空へのグラデーション。なかなか素敵。

メインアートは、この「Biei」。


オットの弟がイタリア在住の加藤朝美さん(男性)という芸術家の
お手伝いをしたのが縁で、新築祝いとして贈ってもらったものです。
本物はブロンズですが、これは樹脂。イタリアに本当にある村?地域?の
名前だそう。(こんな谷のような場所にある)

階段や1階の居間の壁には写真が掛けてあります。


階段にある家族写真ってアメリカの住宅でよくありますよね。
オットはアメリカかぶれ(留学経験あり)なので、写真をよく飾ります。

そして、毎年楽しみにしているのが、
お友達でもあるチームyumyumさん(インスタはこちら)の夏暦、冬暦。
こういうの、まず自分の誕生日見てしまいますw

十勝で暮らしているからの視点で描かれるひと言とイラストは、
思わず「そうそう!」と納得してしまうものが多い。


牧草ロール!

まさに!

そして、お手洗いに貼ってある「あいうえおつまみ表」もヤムヤムさんのもの。
2歳になったムスメが興味を持って見ています。
おつまみ、ってのがポイントなんですけどねww

生花を食卓に飾るのも素敵だな〜と思いつつ、
ちょっと素敵なお花はドライフラワーで。

壁のあちこちに飾ってあります。

我が家の一部はサンゴの粉末も入っている塗り壁なんですが、
(調湿や消臭効果が期待できるそう)
2階の居間の壁はこれに塗料を足してもらって黄緑色に。

壁掛け時計は、どこかのマーケットで買った作家さんのもの。
お気に入りです。

正直、壁はまだまだ整理したり、いろいろ掛けたかったりするのですが、
ひとまず、暮らしが少しでも楽しくなればなあと飾っています。

実は毎日何の気なしに見ているものだから、
大切だったりしますよね。

皆さんは、どんな「壁生活」してますか?

友人の絵の数々もあちこち飾りたい。。。

 

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。