キャンドルと過ごす秋の夜長

こんにちは! YOME⁉︎です。

だんだんと、日の出が遅くなり、日暮れが早くなり、あぁ冬に向かってるなぁと、しんみりする季節。

私は基本カーテン開けっ放しで(目の前が畑なので、誰かに見られる心配は皆無です)寝ているので、なんとなく辺りが明けてくると目が覚めるんですよね。

ところが、今日なんか、日の出が遅い上に朝からの雨で辺りが暗かったからか、バッチリ寝坊しちゃいました。。。

さて、そんな秋になると、心も内向きになって、本を読んだり映画を見たり、そんなことがしたくなってきます。

2016年に建てた我が家には蛍光灯というものがなく、だいたいが暖色系の間接照明になっています。

たまに実家に帰ると眩しい!って思っちゃうくらい、薄暗さに慣れてますw

女性なら、気になる男性と飲みに行く時、あまり明るすぎないお店がいいなぁって思う気持ち、わかりますよね⁇

趣味はキャンドル収集

そんな「薄暗い」w性格の私の趣味のひとつが、キャンドル収集。

最近はめっきり買わなくなりましたが、20代の頃はあれこれと買ってました。

また、道内には素敵なキャンドル作家さんがたくさんいるんですよね!

こちらは、大好きな富良野ニングルテラスの森のろうそく屋さんのもの。

灯すと森の香りがします。置いて置くだけでもほのかに香るのでお手洗いに。

 

私はこのタイプは持っていませんが、大好きな櫻井さんのキャンドル。小枝や実など、周りにある自然が詰まっています。

大小揃えて、ひとつだけ灯すもよし、たまには全部に点けてみるとテンション上がります。

こちらは、火を消すときの道具。芯を倒すだけで簡単に。

煤が出るときは、芯を切れば大丈夫です。

薪ストーブもそうですが、炎を見ていると心が穏やかになるようで。時間もゆっくりと流れます。

暖かさだけなら、温風ストーブやパネルヒーターでも充分。

IHだって、危険がなく調理できます。

現代の暮らしって、「炎」を見ずに過ごすことも出来ちゃうんですね。

でも、いいですよ〜。

設備を変えるのは無理でも、キャンドルならいつでも、どこでも簡単に点けられます。

アロマ入りのものを炊いて、半身浴に浸かるなんて、最高のリラックスタイム!

あなたの暮らしにも、身近に炎を取り入れてみませんかー⁇

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。