落窪物語

こんにちは、松川まりこです。

 

お久しぶりの投稿となってしまいました。

もうすっかり秋ですね。

今日は、この季節にぴったりな日本の古典文学作品をご紹介します。

 

古典というと、少し読みにくく、取っつきにくいイメージがありますが、

こちらの作品は、みなさんもよく知っている

『シンデレラ』によく似たお話として知られています。

1000年以上も昔に、日本にもシンデレラ物語があったなんて、

びっくりじゃないですか(^^)?

 

 

落窪物語

 

著者:田辺聖子

発行所:(左)平凡社 (右)角川書店

 

上の写真の書籍は、田辺聖子さんが現代語で書かれたものですが、

原典の『落窪物語』は、作者も、出来上がった正確な年代もわかっておりません。

平安時代の文学ではあるのですが、『源氏物語』よりも古いお話なんですよ♪

(田辺聖子さんバージョンのものが読みやすいと思い、

最初に紹介させていただきました。)

 

 

ではさっそく、物語のあらすじをご紹介いたします!

 

 

時は平安時代。

主人公は、皇族の血を引く高貴な生まれでありながらも、

実の母親を亡くし、意地悪な継母にいじめられる姫君です。

毎日、朝から晩まで、異母姉妹たちのために華やかな衣服の裁縫を言いつけられ、

だけど自分は着る物も食べるものも事欠く状態。

お屋敷の隅にある、畳が落ちくぼんだ部屋をあてがわれた彼女は、

使用人からも「おちくぼ」と呼ばれ、虐げられます。(なんてかわいそう…(T_T))

 

でも、そんなある日、都でも評判の貴公子が姫君の噂を聞き、興味を持ちます。

二人は恋に落ちますが、それに気づいた継母は、二人の結婚の妨害を企みます…。

 

 

悪役、味方の思惑が飛び交い、テンポ良く進んでいくストーリーがとても魅力的です。

1000年以上も前の物語ですが、

嬉しい、悲しい、悔しい、妬ましい、憎い…といった人の感情って、

いつの時代も変わらないんだなと思わせてくれる作品です。

 

 

でも、わたしが思う『落窪物語』の一番の魅力は、

貴公子の道頼くんが、一途なところ!!(笑)

 

平安時代は一夫多妻制なので、

特に高貴な生まれの男子は、奥さんが何人かいて、当たり前なんです。

『伊勢物語』のむかしおとこや、『源氏物語』の光源氏を見ていても、

いろんな女性と浮名を流すのが、かっこいい!

みたいな風潮だったのかな?と感じるのですが…。

 

でも道頼は、落窪の君一筋で、

周囲から条件の良い結婚を勧められても、断固として拒否します。

しかも、道頼は生まれが良いだけではなく、

かっこよくて、仕事もできて、好条件男子!と誰もが放っておかないイケメンなんです。

 

案外、この物語が平安時代から長く愛されてきたのは、

一夫多妻制とはいえ、当時の女性から「こんな貴公子いたら素敵だわ~♡」と

女心をがっしり掴んで、

支持されていたからなんじゃないかな?なんて思ったり。(笑)

 

 

さて、これまでの記事で、

たびたび登場している平安時代というキーワードですが、

わたしは大学時代、この『落窪物語』を研究テーマに、平安文学を専攻していました。

原典も、読んでみると毎回違う発見があって、面白いものです。

 

現代語訳だけ読んでいると、訳した方の解釈に引っ張られて、

その「一択」になりがちなのですが、

原文を読んでみると、自分で感じる文脈が違って見えたり、

作者の「思惑」が垣間見えたりすることも…。

(でも作者がいない今、それが正解かは、わからないんですけどね!笑)

 

 

言葉を使って、自分の中にある物語や気持ちをカタチにする、

それは、今と変わらないんですよね。

でも、使う言葉はどんどん変わっていて、人々の暮らしも常識もガラッと変わっていて、

感じることも、もしかしたら違うのかもしれない。

でも、変わらないこともあって、

その時代の人々と、違うところも、同じところも

そのままに感じられるのが、平安文学の好きなところでした。

 

 

ちなみに、もしも原典を読んでみるならば、

小学館から出ている「日本古典文学全集」

または「新編日本古典文学全集」がおすすめです。

 

わたしが持っているのは「日本古典文学全集」の『落窪物語』ですが、

 

どこがおすすめかというと、(使い古していて汚いですが…)

 

 

真ん中に原文、上段には注釈、下段に現代語訳がついているのです。

現代語訳がついているというのが、やっぱり読みやすいポイントで、

原文を読みながらも、かなり頼れます。

他にも全集のシリーズはいろいろとありますが、

原文と注釈の二段がまえのものばかりで、

現代語訳がついているのは、このシリーズだけです。(違ったらごめんなさい!)

 

わたしは、いくつかの全集の『落窪物語』を集めて、

同じ部分の注釈を読み比べながら、自分なりの説や、解釈を組み立てていました。

文学の研究も、けっこう楽しいですよ。(笑)

 

 

原典まで手に取ることは、そうないとは思いますが…!

日本のシンデレラのストーリーに興味を持っていただけましたら、

田辺聖子さんの『おちくぼ姫』、ぜひ一度手に取ってみてください(^^)

田辺さんの視点をとおして、

現代のわたしたちが、さらに読みやすく、引き込まれやすい物語となっています。

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪