秋の日

こんにちは! YOME?!です。

さて、残す収穫物は大豆、黒豆、デントコーンとなりました。

大豆は、小麦同様コンバインで地域ごとに刈り取っていくのが最近の主流になりました。オットは今日もコンバインオペレーターです。

 

大豆が少しでも刈りやすくなるように、休日は最後の草取りをしました。

大豆畑は秋の風を受けてすっかりカラッカラ。この鞘の中に綺麗な豆が入っているんですから、ホント不思議な作物です。

 

ユキホマレという、まん丸大豆です。煮たら楕円形になります。

 

秋の空と風が本当に気持ちよく、作業日和。

 

 

デントコーンも、一気に刈り取る機械があって、あちこちの畑を順番に回っていきます。たまたま家にいたときに見ることが出来ました!

ダンプと並走して走るので、ドキドキの光景、ってか、家近っw

デントコーンの実は牛の冬場の餌として酪農家へ。茎や葉などは、そのまま畑にすきこんで、有機肥料として土に還元されます。

農業は土づくり。

その意味が少しずつわかってきました。作物がなる、その土台となる土を、いかに健康な状態に保てるか。それが、各農家の腕の見せどころなんですね。

良い土があって、

その上で良い作物がなる。

ゴリゴリの化学の世界です。

すっきりさっぱり、畑がお仕事を終えたら、さぁ、来年に向けての準備をしっかり整えて、冬籠。

収穫したものを磨いてサイズごとに分けるなど、今年もお裾分けできたことを喜びつつ、お客さんに発送します。

大地の恵み。天の恵み。

今年も、そろそろ雪の季節に向かいますね。

 

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。