もう一度デジャ・ヴ

こんにちは、松川まりこです。

 

突然ですが、デジャ・ヴの経験ってありますか?

わたしは、たまーに、、。

何気ない場面で、ふと急に、

この瞬間、間違いなく夢で見たことある!って思うのに、

前見た時には、このあと何かが起こった…って思うのに、

思い出そうとすればするほど遠のいていくんですよね~。笑

 

今日ご紹介するのは、前世の記憶がデジャ・ヴになって現れる話。

こんなデジャ・ヴが起きたらワクワクするんですけどね(^^)

 

 

もう一度デジャ・ヴ

著書:村山由佳

発行所:株式会社 集英社

 

 

行ったことがないのに知っている!

テレビに映った風景にデジャ・ヴを覚えた高校生の武志は、

その後、不思議な夢を見るようになります。

 

その夢の中で、武志は様々な前世の記憶にタイムスリップします。

毎晩、違う国や時代に生きる自分を体験するのですが、

その中に、決まっていつも同じ女性が出てくるのです。

その前世によって、いろんな出会い方をし、いつか惹かれあい、

でも最後には必ず引き裂かれてしまうという…。

そんななか武志は、現代でもその運命の女性と出会うのではないかと、

女性が実在すると信じ始めます。

 

物語は、現代と二百年前の前世の話が交互になっています。

初めに武志がテレビで見た風景に関係する前世です。

この世界で、武志は戦国の忍びの一族として生きているのですが、

いったい前世で何があったのか…。

そして武志が選ぶ道とは…。

 

 

苦難の多いなか、

「出会いは運命かもしれないけど、その後を切り開いていくのは自分自身だ」

という前向きな武志の生き方が、清々しいです。

 

現代と交互にやってくる前世の忍びの話が面白く、

冒険物語として読みやすい作品です。

気分をリフレッシュしたいときに、ぜひおすすめです♪

 

読むたびに、映像化されたら面白そうだな~と思う一冊でもあります(^^)

 

 

村山さんの作品の中で、人気の高い

『おいしいコーヒーのいれ方』というシリーズがあるのですが、

この武志は、そちらにも少しだけ登場しているよう。

(わたしは昔読んだことがあるけれど、残念ながらあまり覚えておらず…(^^;))

 

武志の現代での、運命の女性との「その後」も、

そちらを読めば、もしかしたら垣間見えるのかもしれません。

わたしも今度手に取ってみよう(^^)

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪