銀色の絆

こんにちは、松川まりこです。

日に日に寒くなって、少しづつ季節が冬に近づいてくるのを感じます。

 

冬季のスポーツといえば、みなさんは何がお好きですか?

スキー、スノーボード、スケート…

アクティブに出かけていって、自分自身が打ち込む方も多いと思いますが、

スター選手がたくさんいて、注目の集まるフィギュアスケートを

ゆっくり家で観るのが好き~、という方も多いのではないでしょうか(^^)

 

今日は、そんなフィギュアスケートの世界を舞台にした物語をご紹介いたします。

 

 

銀色の絆 (上)(下)

著者:雫井脩介

発行所:株式会社 PHP研究所

 

 

この物語は、母と娘の二人三脚の様子を描く物語です。

 

結婚し、余裕のある家庭で、

娘の小織にはなんとなく習い事のひとつとしてフィギュアスケートを習わせ、

同じく余裕のあるスケートママ友達と外食をしておしゃべりをする、

そんな生活を送っていた母・梨津子。

しかし、あるとき夫の浮気が発覚し、離婚を決意します。

 

梨津子は小織を連れ、無気力な毎日を送りますが、

やがてフィギュア界の名コーチとの出会いによって、世界は一変します。

 

「私は、藤岡小織の最大の伸びしろは、あなたにあると思ってます」 (本文より)

 

ぱっと跳んだのを見て、何ジャンプかわからない程度の知識しかなかった梨津子でしたが、

クラブ内の独特のしきたりや、厳しい空気感に入れるよう葛藤し、

追い込まれる資金や生活費のやりくりに苦戦し、

そんな中で着実に実力を伸ばしていく小織のスケートに白熱し…。

 

娘のサポートにどんどんのめり込んでいく様子と、壊れそうで危うい生活の現状が、

まるでノンフィクションかのようなリアリティで迫ってきます。

 

そしてやがて、ジュニアの世界レベルに成長した高校生の小織。

金銭的な問題を抱えながらも、

スケートを続けるための最後の綱となった大学の特別推薦をかけた、

全日本選手権が迫ります…!

 

 

スケートの臨場感も魅力なのですが、ただのスポーツ小説ではありません!

母娘の絆の話と一言で片づけるのも、なんだかもったいないような一冊です。

ただただ、母の強さに感動します(T_T)

 

わたしも小さい頃に、習い事でバイオリンを習っていたのですが、

同じように母が、初めて触れる楽器や曲を覚えながら、

一緒に練習にのめり込んでくれたことを思い出しました。

とても厳しくて、「わたしの好きにさせて!」と思ったことも多々ありましたが(笑)、

そばで真剣に見ているからこそ気が付く欠点や、成長があるのだろうなと思います。

 

そんな風に、何かに打ち込んだ経験がある方にもぜひ、読んでみてもらいたい一冊です。

 

 

ちなみにわたしは、

フィギュアスケートのジャンプの違いなどはあまりわからず、

中継の解説に頼るタイプですが、(観るのは好きです…!)

そんな方も、ハードルなく読めます。

巻末には、フィギュアスケートのジャンプの種類もイラスト付きで解説されていて、

テレビで大会が中継される時も、この図解を片手に観ようかなと思うくらいです(笑)。

 

この本を読んだあとに実際の大会を観ると、

スケーターひとりひとりに、一体どんな思いやドラマがあるのだろう…と、

つい考えてしまいます(^^)

今年のシーズンが、より楽しめるのではないでしょうか。

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪