石の繭 警視庁殺人分析班

まりこの本棚

読書アドバイザーの松川まりこが、面白いと思った本の紹介を中心に、本にまつわるお話を様々な角度から発信します。

こんにちは、松川まりこです。

 

今日ご紹介するのは、ハラハラドキドキしたいときにおすすめ、

イチオシの警察小説です!

 

 

石の繭 警視庁殺人分析班

著者:麻見和史

発行所:株式会社 講談社

 

 

事件は、モルタルで固められた変死体が見つかるところから始まります。

警察のもとには犯人から電話が入り、

なぜか新人刑事の如月塔子が、犯人から直接交渉の相手役を任命されます。

そして、手がかりのないまま第二の殺人が…!

 

警察ものなので、多くは語れないところが歯がゆいのですが、

犯人が自らヒントを提示する頭脳戦の様子と、

徐々に明らかになる過去の事件との繋がりに、目が離せなくなります!

 

全てが明らかになる頃には、

さりげない場面や小さなエピソードに伏線が張られていたことに気が付きます。

 

事件は単発ですが、シリーズになっているので、

もし気に入れば、ぜひ続きも読んでみていただきたいです♪

 

 

事件ものは、なかなか突っ込んでご紹介できないところが悔しいですね(^^;)

全てがわかって繋がったときの爽快感は、なかなかクセになります。

 

 

こちらの作品は、WOWOWでドラマ化されていたようです。

残念ながら、わたしは観ていないのですが、

登場人物とドラマのキャストをチェックして、

「あ~なるほど~」とか、「わたしのイメージはこの人だったな~」とか

見比べてみるのも、映像化されている作品の面白いところですね(^^)

機会があれば、こちらもチェックしてみたいです。

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪