まってる。

まりこの本棚

読書アドバイザーの松川まりこが、面白いと思った本の紹介を中心に、本にまつわるお話を様々な角度から発信します。

こんにちは、松川まりこです。

 

普段は書店員をしているわたしですが、

12月に入り、クリスマスのプレゼントに本を購入されるお客様が増えてきました。

実は12月は、書店の一番の繁忙期でもあります!(うちのお店だけ?)

 

 

今日は、プレゼントに選ぶなら、こんな本はどうかな?と、

わたしのおすすめの一冊をご紹介します。

 

 

まってる。

 

著者:デヴィット・カリ / セルジュ・ブロック

訳者:小山薫堂

発行所:株式会社 千倉書房

 

 

シンプルな絵と赤い毛糸、

そして「まってる。」という言葉で、人の一生を追っていく絵本です。

 

物語としては単純なのですが、

生まれて、出会って、別れを経験して、老いて、

そしてまた、誰かが生まれて…、

 

人生は繋がっていくんだなあと、考えさせられる本です。

とても深い、

大人向けの絵本です。

 

読めば読むほど、味わいを感じられる一冊。

1人で味わうのももちろん良いですが、

大切な人に贈ってみてはいかがでしょうか(^^)

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪