物々交換と経済循環

こんにちは! YOME⁈です。

十勝は松林のオレンジ色が美しい季節。朝日や夕陽に照らされて黄金色に。あー今年も冬が来るなぁとしんみり。

我が家から見える日高山脈にも、うっすらと雪が積もる季節になりました。

収穫物も終わると、畑は来シーズンへの準備に入ります。

プラウという機械で土を掘り起こして、マニュアスプレッターという機械で肥料や堆肥を撒きます。

わかりずらいですが、トラクターで引っ張っているのが堆肥をまく機械。

 

次に植える作物のことを考えて、この畑にはこの処理、などなど、「畑おこし」がこの時期の仕事です。

我が家の堆肥は、「十勝マッシュ」の菌床になっていたものを購入しています。

この菌床は、その前には「ばんえい競馬」のばん馬の小麦の寝わらとして使用されたものです。

十勝マッシュは、そもそも、ばんえいの堆肥を使ったら、マッシュルームが奇跡的に立派に育った! という十勝ブランド商品。

これ食べたら、もはや缶詰マッシュルームは食べられません。アヒージョが最高!十勝では、スーパーに普通に並んでいます。

 

育ったマッシュルームを栽培して収穫した後の培地を買って、畑に撒いています。

有機物たっぷりの自然堆肥です。

ばんえい→十勝マッシュ→農場の小さな循環。すべて地元で簡潔です^ ^

物々交換あれこれ

畑で育ったジャガイモやカボチャは、そうして消費者の元へ。

母はこの時期、夏の間に全国のお客さんや取引先、知り合いから送られてきた産物のお返しに、と、ジャガイモやカボチャを送り返しています。

もらうのは、梨やきゅうり、みかん、生姜、サツマイモなど、こちらではあまり育たないものばかり。

そんな素敵な物々交換が続いています。

娘の顔くらいある、新高梨。

 

経済循環も物々交換も、小さく、知る人の範囲で出来ることが幸せだなぁと、最近特に思います。

情報はたくさんすぎるほどある世の中。選択するのも大変です。

でも、知っている人のものを買う、産地のものを買う、出所の確かなものを買う…。そんなことを気にかけるようになると、ずいぶんと暮らしが楽しく、また忙しくwなるなぁ、と。

 

だんだんと寒くなる季節。

薪ストーブを焚いて、根菜類を食べて、温泉に入って…免疫力を高めつつ、来るべき冬に向けて、畑も身体も冬支度です。

 

p.s

エッセンシャルオイルのTEA TREE。湯船に数滴、マスクに1滴垂らせば抗菌にも。鼻がスースーして気持ちよく、オススメですよ^ ^

 

 

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。