ナミヤ雑貨店の奇跡

まりこの本棚

読書アドバイザーの松川まりこが、面白いと思った本の紹介を中心に、本にまつわるお話を様々な角度から発信します。

こんにちは、松川まりこです。

 

今回は、クリスマスが近づくと読みたくなる

あたたかい物語をご紹介します。

 

何年か前に映画化もされているので、お話を知っている方もいるかもしれません。

 

 

ナミヤ雑貨店の奇跡

著者:東野圭吾

発行所:株式会社KADOKAWA

 

 

同じ児童施設を出た三人組は、

強盗をしたその晩、帰り道に車が動かなくなり、

近くに見つけた「ナミヤ雑貨店」という廃屋で、夜を明かすことになります。

 

しかし、廃屋のはずの店舗の郵便口に封筒が届きます。

それは、かつてこの店の店主だった波矢に向けた悩み相談でした。

とりあえず、波矢の代わりに返事を書いてみる三人ですが、

次第に、この雑貨店が過去と繋がっていることに気が付きます。

そして三人は、次々に舞い込む悩み相談の解決法を真剣に考えていきます。

 

強盗を働いた三人ですが、一言で「悪人」かというと、そうではありません。

大切なものを守ろうとする気持ちは、誰もが同じで、

その想いの行き違いや、立ち位置によって、

「悪人」にも「善人」にもなってしまうものなのだと気づかされます。

 

悩み相談の手紙を受け取り、解決し、

連作の短編集のように、物語は進んでいきますが、

読み進めるうちに明かされる物語の繋がりに、鳥肌が立ちます!

まさに奇跡!

 

読み終えたあとの満足感がとても気持ちの良い一冊です。

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪