本日は大安なり

まりこの本棚

読書アドバイザーの松川まりこが、面白いと思った本の紹介を中心に、本にまつわるお話を様々な角度から発信します。

こんにちは、松川まりこです。

 

年末に向けて、家のことで忙しくなる時期でしょうか、、

みなさま、いかがお過ごしですか?

 

今回は、ドタバタと退屈しない、こちらの本をご紹介します!

ゆっくり過ごす年明けのお供にいかがでしょうか(^^)

 

 

本日は大安なり

著者:辻村深月

発行所:株式会社KADOKAWA

 

 

ある結婚式場で、大安の良き日に行なわれる4組の結婚式。

しかし、一見幸せに満ちた晴れの舞台に、

さまざまな企みが見え隠れします。

 

双子の姉妹が互いに抱く複雑な愛憎、

叔母の新郎の「新婦殺害計画」に1人気が付く小学生、

大きな秘密を抱えたまま当日を迎えてしまった新郎、

そしてクレーマー新婦に振り回されるプランナー…!

 

華やかな結婚式の高揚感を感じさせながら、

ミステリータッチな盛り上がりと共に、

物語は現在進行形で進んでいきます。

 

それぞれの人物の「今日」に至るエピソードや心情も絡められ、

それぞれの人物に感情移入し、思惑までも把握した気になるのですが、

その予想を裏切る展開にドキドキ!

ページをめくる手が止まらなくなります。

種明かしも絶妙で、思わず「やられた~」と力が抜けてしまう感じ。(笑)

 

自分もまるで、結婚式という非日常な1日を

ドタバタを駆けまわっているような、わくわく感が魅力です!

多少のごたごたも、「本日は大安なり」とにっこり流したくなる、

ハッピーで満たされた気持ちになる一冊です♪

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪