ディズニーの魔法

まりこの本棚

読書アドバイザーの松川まりこが、面白いと思った本の紹介を中心に、本にまつわるお話を様々な角度から発信します。

こんにちは、松川まりこです。

 

突然ですが、みなさんディズニーってお好きですか?

実はわたしは、歌やセリフを暗記するほどディズニー映画が大好きで…、(笑)

 

今回は、ディズニー映画を観たことがある方もない方も、

じっくり見てみたくなること間違いなしの、こちらの本をご紹介します!

 

 

ディズニーの魔法

著者:有馬哲夫

発行所:株式会社新潮社

 

 

たとえば、シンデレラの物語を思い出してほしいと言われたとき、

みなさん、どんなお話を思い浮かべますか?

そこに、カボチャの馬車やガラスの靴は出てきましたか?

実はそれ、既にディズニーの魔法にかかっているかもしれません。

 

シンデレラの原作のひとつであるグリム童話の「サンドリヨン」には、

カボチャの馬車もガラスの靴も出てきません。

それどころか、意地悪な連れ子姉妹が「金の靴」に足を押し込むため、

それぞれかかとと足先を切り落とし、歩けなくなってしまったり、

シンデレラ(サンドリヨン)が、自分の婚礼の席で、

彼女たちの両目をつぶして復讐するというエピソードもあるのです。

 

 

ディズニー・クラシックスと呼ばれる長編アニメには、

「シンデレラ」のように、中世の童話を原作にしているものが多くありますが、

原作となった古典童話は、残酷だったり暴力的だったり、猟奇的だったり…

ディズニー映画のストーリーとは、異なった部分が多くあります。

でも、今となっては、

ディズニーの脚色したお話のほうが広く行きわたっていて、

こちらのほうが原作のように思われていることも多いのです。

本文にも「原作とリメイクの立場が逆転してしまった」と、あります。

 

ディズニー映画は、「夢と感動の物語」として知られていますが、

このように、もとになった童話と比較することで、

ウォルトディズニーがどのように、

その物語に夢と感動を織り込んでいったのかを覗いてみよう、というのが、

この本のテーマです。

 

 

「白雪姫と七人のこびと」

「ピノキオ」

「シンデレラ」

「眠れる森の美女」

「リトル・マーメイド」

「美女と野獣」

こちらの6作品の原作の紹介と、

ディズニーがリメイクした(魔法をかけた)ポイントを説明していきます。

 

 

この本と出会ったのは、高校生の頃、

「新書を読んでレポートを書く」という宿題が出たためでした。

それまで、本と言えば物語しか読んだことがなかったのですが、

とても面白くて、いっき読みしたのを覚えています。

 

小さい頃から、ディズニー映画は何度もくり返し観ていましたが、

この本を読んでから、少し観るときの視点が変わった気がします。

(そして、やっぱりウォルト・ディズニー、さいこー!って思います。笑)

 

ディズニー好きの方も、逆に好きではないという方も、

一度読んでみると、新しい発見があり、面白いかもしれませんよ♪

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪