親子のコミュニケーションとしての本

まりこの本棚

読書アドバイザーの松川まりこが、面白いと思った本の紹介を中心に、本にまつわるお話を様々な角度から発信します。

こんにちは!松川まりこです。

今回は、「読み聞かせ」をテーマに、お話しさせていただきたいと思います。

 

 

『赤ちゃんにも本を読み聞かせよう』という

「ブックスタート」という運動があるのは、聞いたことあるでしょうか??

 

本を読み聞かせると言っても、

赤ちゃんに、早いうちから教育をほどこそう!というのが目的ではありません。

 

絵本を媒介にして、

赤ちゃんと親がコミュニケーションを取る時間を過ごすことが目的なんです。

 

 

 

\ にこり♡ /

(友人のお子さんの写真をイメージとしてお借りしています。)

 

 

本を読み聞かせてもらう、その時間をとおして、

赤ちゃんは自分が愛されていることや守られていること、

大切な存在であることを体感できると言われています。

そして、言葉を呼応させていく経験の積み重ねの中から、

ゆっくりと人を信頼することを知って、

周りの人と気持ちを通わせる力を育てていくのです。

 

 

そして、読み聞かせで心を通わせるのは、子どもたちも同じです。

 

子どもは、「文字の文化」ではなく、「声の文化」に生きているそうです。

文字で情報を得るよりも、周りの誰かの声をとおして、

身の回りの世界を認識していく段階なのだとか。

 

子どもたちは、読み聞かせをとおして、

読む人との「心のつながり」を求めているのです。

たとえ1人で読める本だとしても、

大人の生の声で届けるからこその意味があるんです。

 

子どもたちは、読み聞かせをくり返すことで、

耳から聞いた言葉をもとに頭のなかでイメージを膨らませ、

さまざまなことを感じることができます。

 

でも一番の効果は、本を読んでいる人との心の結びつきが生まれること。

子どもたち自身が、「親が自分のために時間をとって本を読んでくれた」

という満足感を得られることです。

 

赤ちゃんにとっても、子どもにとっても、

自分が安心して過ごせる場所があり、

自分のことを大切だと思ってくれる人たちが周りにいることは、大事なことです。

一冊の絵本や童話をとおして、親子が楽しく話せるひとときがあるなら、

コミュニケーションももっと上手くいくかもしれません(^^)

 

 

 

 

 

大好きな家族が、にこにこ読んでくれるだけでも、子どもにとっては楽しい時間です。

「いっぱい本を読めば頭が良くなるかも?」みたいな本のご利益にはあまり期待せず、

ゆったりかまえて、読書の時間を親子で楽しんでみてくださいね♪

 

 

実はわたしも、いま第一子を妊娠中。

子どもを本好きにしたい!とまでは思っていませんが、

こんな風にコミュニケーションの道具として

活用していけたらいいな、と思っています。

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪