忘れ物が届きます

まりこの本棚

読書アドバイザーの松川まりこが、面白いと思った本の紹介を中心に、本にまつわるお話を様々な角度から発信します。

こんにちは、松川まりこです。

 

今日おすすめするのは、ミステリーの短編集です。

ミステリーと言っても、どこか優しい世界観の一冊。

「日常の謎」というジャンルに分類されるのかなと思います。

ぜひ気を張らずに手に取ってみてください。

 

 

忘れ物が届きます

 

 

著者:大崎梢

発行所;株式会社 光文社

 

 

記憶に引っかかる過去の事件に関する短編集です。

 

どれも、過去に置いてけぼりになっていた「謎」を紐解いて、

時には誰かと誰かの記憶が合わさることで、真相が明らかになる…

というようなお話。

過去にすっきりしなかった謎たちは、まさに「忘れ物」という感じ。

全部で5つの物語が入っています。

 

どのお話も、真相を知ったからと言って、

登場人物たちの今の生活に、何か大きな変化や支障があるわけではないのですが、

それでも、なんだかスッキリしたり、どこか温かい気持ちになったり。

決して暗い気持ちにはならず、

前を向いていける気持ちになれるところが良いです(^^)

 

 

作者の大崎さんは、元書店員の方で、

本屋さんを舞台にしたシリーズなんかも書かれています。

 

作品はミステリーが多いのですが、

文章が読みやすく(わたしの好みなだけかな?)、

物語もどこか優しい視点を感じられ、

でも「続きが気になる」「引き込まれる」ストーリー展開が魅力で、

とても好きな作家さんです。

 

 

わたしは、短編集はトイレに置いておいて、

少しづつ読み進めることが多いのですが、

この本は続きが気になって、すぐにリビングに持って帰りました。(笑)

どのお話も、ページをめくる手が止まらなくなってしまいます。

短編なだけに物語の展開スピードも速く、でも物足りなさもなく、

とても読みやすい一冊だと思います。

 

ふだんあまり本を読まない方でも、

短編集は、手に取りやすいかもしれません。

小さなゴールもありますし(^^)

 

良ければトイレに置いておく作戦も試してみてくださいね。(笑)

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪