鹿男あをによし

まりこの本棚

読書アドバイザーの松川まりこが、面白いと思った本の紹介を中心に、本にまつわるお話を様々な角度から発信します。

こんにちは、松川まりこです。

 

今日ご紹介するのは、真剣にふざけているような(⁉)

どこかお茶目な、万城目学さんの作品。

 

こちらの一冊も、大真面目に奮闘する主人公と、

それを、どこかおちょくるような視点で綴られる作者目線が、

とてもコミカルで面白い一冊です。

 

 

 

鹿男あをによし

著者:万城目学

発行所:株式会社 幻冬舎

 

 

人間関係のトラブルで、大学の研究室を追われ、

奈良の女子高に赴任することになった主人公の「おれ」。

 

いずれ研究室に戻るつもりで、

ほんの気休めのつもりで先生として働き始めますが、

そんなある日公園で、なんと!鹿に声をかけられます。

 

〈 先生は、“運び番”に選ばれた 〉

 

これをきっかけに、

意思に反しながらも日本の危機を救うため、奮闘することに…。

 

顔が鹿の顔になってしまったりと(!)衝撃的なシーンもあり、

奇想天外なお話ではあるのですが、

鹿からの指令を頼りに奔走する主人公の生真面目さが面白く、

そして人間くさくて感情移入できるので、物語にスッと入り込めます。

 

登場人物たちののんびりした人柄と、焦る主人公と鹿の対比も面白く、

テンポ良く展開していくのも魅力。

先が読めず、謎解きとタイムリミットのドキドキ感がたまりません!

 

 

奇想天外とは言いましたが、

しっかりと日本の神話や古代の史実に基づいていて、奥も深いです。

日本の伝承に、興味を持つきっかけにもなるかもしれません(^^)

ファンタジーと現実が、絶妙にしっくりくる魅力たっぷりなお話ですよ!

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪