年末恒例の「餅つき」

農家のヨメ日記

YOME?!です。農家の長男と結婚し、農家の嫁となりました。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信します。

こんにちは! YOME⁈です。

もともと私が育った家は、年末恒例の餅つき大会がありました。
大会、というか、家族行事。
昔は、いとこ達が揃ってそれはそれは賑やかに行われていて、
餅をつかないと正月来ない! と思っていたくらいです。

というか、それだけ「つきたてのお餅」は格段に美味しいんですよね。

千葉県にある母の実家で、細々とですが餅米を作っていたのは、
全てこの「餅つき大会」のため。
小さく8臼くらいに分けて、杵で搗く、昔ながらのスタイルです。

場所はといえば、祖父の家。

祖父の家は半地下になっていて、
そこに車庫や荷物を置くような部屋、そしてお風呂がありました。
(このお風呂がものすごく広い)

石炭庫も横にあったなあ。

昔はお風呂を沸かすのに使っていた薪ストーブがこの時ばかりはと大活躍。

まずは、前の日からうるかしておいたお米を、
薪ストーブの上で蒸します。
火の番はもっぱら父親(男性陣)の役目。

いい頃合いになったら、(ここでちょっとしょう油をつけて食べる餅米もうまい!)
階段下スペースに陣取った木の臼へIN!

つき手は次々交代で、子供から大人までみんなでつきました。

その行事は、いとこ達と集まらなくなってからも、私たち家族だけで続けています。

結婚してからは、この行事にオット連中も加わり、さらに子どもたちも加わり、また
昔のように賑やかになってきました。

つきたてのお餅は、
・大根おろし
・のりしょうが醤油
・ひきわり納豆
・黒蜜きな粉

で主にいただきます。

その日すぐに食べる分と、あとはのして一口大に切り分けて冷凍保存。
お正月の楽しみに。

嫁いで嬉しかったことは、ここでは「食べたくなったら餅をつく」ことww

義母の実家が米農家ということもあり、もちろん餅米もゲット。
木の臼ではなく、石臼だったのも衝撃でした。
最近は、機械でつくことが多いですが、それでも、やっぱりお餅は美味しい!!!

義母が作る、大福は形もふっくら上品で美味しいんですよね。

わが家のお正月には、こうした自前の「お餅」が欠かせません。

お雑煮に、お汁粉に…。あ〜、最高だなあ。

もうすぐお餅をたんまり食べられる季節。待ち遠しいです。

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。