恒例の年始行事

農家のヨメ日記

YOME?!です。農家の長男と結婚し、農家の嫁となりました。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信します。

こんにちは! YOME?!です。

新年明けてからすでに1週間!
今年もあっという間に過ぎそうです。

我が家の年末年始は、

自粛して静かに…とも言われていたので、
部落や親せきなど、大勢が集まっての新年会は軒並み中止。
家族だけで粛々と過ごし、それはそれでのんびりできました。

それでも、神社への参拝は欠かせない行事として
今年も2つの神社を参ってきました。

地域の守り神「西美栄神社」

 

まずは、地域の守り神「西美栄神社」です。元日の10時から地域住民揃って参拝します。

とっても小さく、もちろん神主さんもいません。
いわゆる「部落」という小さな単位(うちの場合は12戸)で守っている地神様。

本来、神社参拝などは「自分が住んでいる地域の一番近いところ」にあるところを参拝するものらしく、神主さんはいませんが、ムスメの100日も、ここでひっそり祝いました。

代々土地の人に守られてきた感じが、とても気に入っています^^

例年であれば、ここから会館に移動して、大宴会&ビンゴ大会なのですが、今年はお参りのみ。(以前までの新年会の様子はこちらから

地域では、春、耕作が始まる前、そして秋の収穫前に必ず祭りごとを行っています。

ちなみに、北海道では「馬頭観音(ばとうかんのん」と呼ばれる碑があちこちにあって(私の地域にもあります)
お年寄りたちは「馬頭さん」などと呼んで大切にしています。

これは、古くから開拓には馬や牛が使われていた歴史があるため、その神様として存在し、農耕の安全や家畜の鎮魂も兼ねているそうです。

帯広市民の憩いの場「帯廣神社」

 

そして、2日には、友人たちと帯廣神社へ。
これも、もう10年以上続いています。

見た通り、帯広市街地に行くと、雪がまったくありませんww

今年は、初めて「積雪ゼロ」の正月だったという十勝。
1月7日になって、ようやくまとまった雪が降りました。

ここでは、おみくじを引いて今年一年の運試し。

今年は「吉」。
「目上の人を大切にせよ」とのメッセージが書いてありました。

この帯廣神社。最近めっきり可愛いイベントが増えていて話題なんです!

巨木に囲まれていて多くの野鳥がいて、写真家には前々から人気のスポットではありました。
特に、ふわふわのシマエナガが見られる、ということで、こんなグッズも。

 

7,8月には「夏詣」というイベントで、手や口を浄めるところが花でいっぱいになる
「花手水(はなちょうず)」を行ったり。

境内のあちこちに飾られている花たちも、とにかく可愛くて写真撮り放題です!

風鈴があちこちにぶら下げてあって、一つひとつもおしゃれで、何より厳かな音がいい!

※帯廣神社公式FACEBOOKページより

参拝に行くだけで、というか、参拝に行きたくなっちゃう工夫がたくさん。

私は、ムスメに「桂」の名前をつけているので、カツラの木が気になっていて、
満月の日にだけ販売される「かつらぶみ」という絵馬をいつかゲットしたいと思っています。

と、夏の写真も紹介しましたが、今年も2つの神社を無事家族で参拝。
家族の健康と幸せ、それ以外願うことはありませんw

今年も一年良い年になりますように。

 

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。