最強の冬道具

農家のヨメ日記

YOME?!です。農家の長男と結婚し、農家の嫁となりました。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信します。

こんにちは! YOME⁈です。

ここ数日、十勝はとっても冷えていて、連日マイナス20℃級の寒さです。

とにかく寒いんですが、その分、薪ストーブのあたたかさに癒やされたり、朝一番の味噌汁がじんわり身体に染み渡ったり…、何より外の景色が、パキッと美しいんです。

毎冬恒例なはずですが、やはり青空と日高山脈のコントラストは最高で。。

夜サウナでは星空はもちろん衛星の姿も確認できちゃうほど空気が澄んでます。

 

そんな極寒の地で私が愛用しているのは、こちらのダウンジャケット。

4シーズン目になりますが、出会いは取材に訪れた当麻町で。

国産シュラフメーカーであるNANGAと当麻町のアパレルメーカーMOONLOIDがコラボして作った別注物。

そもそも、NANGAのシュラフは登山好きの弟夫妻も持っていました。

くるまるだけでホワッと温度が上がるのを感じます。

そのNANGAが作ったのだから、「最強のダウンジャケット」の商品名も納得。

MOONLOIDは旭岳が見える当麻町に店を構え、夏の登山シーズンから雪山まで対応できるアウトドアファッションまたグッズなどを展開しています。

外観もおしゃれ。

とはいえ、このダウンジャケットを購入したのは、街着でも着られるファッション性があったから。

スーツでも違和感のないスッキリシルエット。それでいて温かさは完璧なのだから、農場の倉庫仕事から営業回りにも使えて便利!

カラフルな色味の多いアウトドアジャケットの中でも、アースカラーを基調としてたのも、ポイント高しでした。

ズラリと並ぶダウンジャケット。

腰まですっぽり隠してくれて、下からのチャックもあるので、妊婦時代にも対応できましたw

とにかく優秀すぎて、この時期はこればかり。

 

今時期は薪ストーブ用の薪をジャンジャン切ったりして過ごしています。

犬も夜の間は放し飼い。

外は寒い季節ですが、心はほっこり過ごしています。

連休中はステイホーム。買い物に行くこともなく、芋やニンジン、大根、鹿肉を調理し、小麦粉で食パンを焼き、のんびり過ごしました。

今年の冬は特に冬籠り。

Netflixで映画を見る機会も増えています。

次回は我が家の映画鑑賞事情をお伝えします^ ^

 

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。