第22回「北34条・渥美湯」

湯~だいあり~

夢は地元札幌で銭湯経営すること。東京都内の銭湯で3年半働き、現在は札幌市内の銭湯にて修行中の大沼有加が銭湯で働く日々や、気になる銭湯の紹介をしています。

こんにちは!大沼 有加です!

1月最終日。
先日までは大雪の日も多く、銭湯でのお掃除が終わって、家までの道が埋まってる…なんて日も。
ここ最近は、さらにぐっと冷え込んできた気がします。ほんと寒いですよね。。

近況では、1月中旬にやっと初詣に行って参りました。
人が少ない時間帯をねらって平日の夕方に行きましたが、16時を過ぎると本殿の中へ入れないことを知らず、門の前で参拝をしておみくじを引いて帰ってきました。
私はいつも200円の福みくじを引くのですが、何の御守りが入っているかが結構楽しみです。
ちなみにおみくじは末吉。どの項目も「よくない」という文字が目立ちましたが、良い年にできるように頑張りたいと思います・・・!

さて、2021年最初の銭湯紹介。
今日は北34条駅から徒歩10分ほどの場所にある「渥美湯」さんをご紹介いたします。
リポート担当はおゆ太郎です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは〜おゆ太郎だゆ♨︎
今回は北34条の渥美湯さんへお邪魔したよ!

お店の壁に「ラドン風呂」の文字!たのしみ〜!

おゆ太郎はこの看板の激渋な「渥美湯」の文字がだいすきなんだ〜!
良いお湯をいただけること間違いなしだね・・・!わくわく

さっそくお店の中へお邪魔してみるよ♩

お店に入ってすぐ、フロントと陳列小窓の素敵さにキュン・・・
この飾りは、お客様で物作りが得意な方がいて、置いて行ってくださるそう。

とっても愛を感じるね〜。。
お次は、男女でデザインの違う手づくりのれんをくぐって脱衣場へ。

↑こちらは女性の脱衣場。
こちらにはお釜のドライヤー台も。みんなは使ったことかるかな?
お釜の中で温風が回るんだけど、長い髪だとお釜の中で髪がくるくるって舞うのがおもしろいんだ〜、見つけたらぜひ一度試してみてね^^

こちらは男性の脱衣場だゆ〜

比べてみると、ロッカーの番号が赤と緑で分かれているのに気がついたかな?
木枠のロッカーはとかわいいグリーンのカゴは、レトロでおゆ太郎のお気に入り♩

こちらはとっても銭湯らしい風景!

昔ながらの体重計と、理容室の鏡広告。
洗い場や脱衣場の鏡で見られる鏡広告って銭湯ならではだよね〜。
オリジナリティーと味のある文字が素敵・・・!

こちらは男湯浴室扉上の注意書きと広告。こちらも素敵!
(モンローさんはもう営業されていないようです。。)

さてさて、それじゃあお待ちかねの浴室に入っていくゆ〜!

じゃ〜〜ん!

主浴槽、電気風呂、超音波風呂、水風呂、サウナと、盛りだくさんのラインナップ!!

主浴槽はラドン風呂!

ラドン風呂は、ラドンガスをお湯に溶け込ませることで、冷え性や神経痛、腰痛などにも効果的とされているよ〜!
とってもよく温まっていい気持ち♩

お風呂とサウナでゆっくり温まった後は、広々とした休憩スペースでひと息。

お風呂はもちろん、お店の佇まいも店内の雰囲気も、何から何までほっとする渥美湯さん。
またすぐに来たいな〜^^

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

渥美湯さん、本当にほっと落ち着く素敵な銭湯でした。
取材もあたたかく引き受けてくださる優しい店主さん。
ありがとうございました!

今回取材はできませんでしたが、私が是非とも渥美湯さんと合わせておすすめしたいのは、近所にある居酒屋「天ぷら たなか」さん。
70代の旦那さんがお一人で切り盛りしていらっしゃるお店で、 こちらもとても温かい雰囲気とおいしい食事とお酒が楽しめる、素敵なお店です。
ぜひ、渥美湯さんにお越しの際は合わせてお楽しみください!

では、また次回の更新で。

2021.1.31
大沼 有加

渥美湯

〒001-0031 北海道札幌市北区北31条西6丁目2−17
営業時間15:00~22:00(月曜日定休)
http://www.kita-no-sento.com/sento/169/

この記事を書いた人

大沼有加

記事一覧

1993年生まれ。札幌市立大学デザイン学部卒業。 夢は地元札幌で銭湯経営すること。東京都内の銭湯で3年半働き、現在は札幌市内の銭湯にて修行中。