スノーボード、デビュー戦

自然とあそぶ暮らし

趣味はキャンプや登山などのアウトドア全般と海外旅行。
道南在住のYoriが北海道の野遊びの面白さをみなさんにお届けします。

こんにちは、yoriです。

 

前回のバードウォッチングの記事を書いたときには、今年は雪が全然降らないなぁなんて思ってたのですが、やはり今年もきてしまいましたね。どさっと!

雪かきは、始めるまでは億劫なのですが、いざやり始めると、かなりいい運動になるので意外と好きだったりします。

 

さて、雪も充分に降ったことだし、早速行ってきました!スノーボード!

スノーボード

ちょっとかっこつけてみました。すみません。

 

今年は6才の甥も、スノーボードを始める!と意気込んでいたので、そのデビュー戦について行きました。

 

地元にある、こじんまりとしたスキー場。初めてのスノーボードにはぴったりです。

甥とスノーボード

 

改めて思い返してみると、私がスノーボードを始めた歳も6才の時。

当時は、ちびっこボーダーがまだ少なかったからか、よく声をかけられたのを覚えています。

 

時代は変わり、今ではちびっこボーダーを多く見かけますね。親子で滑っているのを見ると、とても微笑ましいです。

 

そしてとても小さなお子さんがめちゃめちゃうまかったりして、本当にびっくりするんですよね。。

 

早速、リフト券を購入して、甥&姉には「頑張ってね」と声をかけ、私は単独行動。

 

姉と甥

 

この日の雪質は、残念ながらあまり良くはなかったのですが、久しぶりの爽快感を味わいました!

 

頂上からの眺め

 

良い眺め。奥には太平洋が広がっています。

滑り出すときの、ぐぐぐぐ、という雪の音が何とも言えない♪

 

しばらく1人で滑走を楽しんでから、甥の様子を見にいくと。

 

スノーボードをする甥

 

一丁前に、スーーっと乗っていました!さすが、子どもは飲み込みが早い!

 

そして、エッジの使い方を教えるには、もうちょっと勾配がないと‥とのことで、甥、リフトに生まれて初めて乗ることに。

まずはお試しリフト1回券。

 

姉は疲れたらしく、そこからは私が甥にスノーボードを教える係になりました。

いざリフトに乗って頂上まで行ってみると、怖い、怖い、と怖じ気づく甥。

 

ずっと、手握っててね?離さないでね?

と、今にも泣き出しそうなビビり具合にちょっと笑ってしまいました。

久しぶりに可愛い一面が見られた。笑

 

一滑りに、かなーーり長い時間をかけて、やっとこさ下まで降りてきました。

 

途中までは相当ビビっていたのに、下につく頃には、もう一回乗りたい!と。

スノーボードの楽しさに気づいてくれた様子でしたが、ちょうどいい時間になったので、帰宅することに。

 

私はスノーボードを教えるのは初めての経験でしたが「人に教える」というのは、とても難しいですね。ゆっくり滑るのにも全身の筋肉がプルプルして、体力的限界を感じました。。

が、甥の経験値が1UPしたので良しです。

 

帰りの車の中では、「もっと滑りたかったよ‥」とシクシク涙を流す甥でした^^

 

そして言うまでもなく、翌日は身体中が筋肉痛で、大変だったのでした。

 

この記事を書いた人

Yori

記事一覧

室蘭出身、苫小牧在住。行動エリアは道南。 キャンプや登山などのアウトドア全般と海外旅行が好き。 北海道の野遊びの面白さをみなさんにもお届けできればと思います。