第24回「西11丁目・喜楽湯」

湯~だいあり~

夢は地元札幌で銭湯経営すること。東京都内の銭湯で3年半働き、現在は札幌市内の銭湯にて修行中の大沼有加が銭湯で働く日々や、気になる銭湯の紹介をしています。

こんばんは。
4月最終日。札幌は一週間ほど前に桜が咲いたばかりで、ゴールデンウィークの今がちょうど見頃です。
またもなかなか外出しにくい状況とはなっていますが、少し散歩がてら、近所に咲いている桜を見るだけで明るい気分になります。来年のこの時期くらいには、桜がたくさん咲いている公園で、お友達とお花見できるといいなぁ・・・。

さて、今日は、札幌の街中で立ち寄れる銭湯を紹介させていただこうと思うのですが、撮影の日におゆ太郎を連れて行くのを忘れるという失態を犯しましたので、おゆ太郎にはリモートで参加してもらいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おゆ太郎
今日紹介するのは、真っ赤な「ゆ」がお出迎えしてくれる、西11丁目駅から徒歩7分の「喜楽湯」さん。

おゆ太郎
休憩スペースも広々!お風呂上がりには、飲み物を飲みながらゆっくりできそう♪
奥にはラドンを発生させる機械もあって、わくわくするね〜!

おゆ太郎
ここでのおゆ太郎お気に入りポイントはここ!
ひとつ目は、こちらの素敵な絵。
お客さまの作品なんだって^^とってもあたたかい絵で、銭湯にぴったり〜!

おゆ太郎
ふたつ目はここ!
窓際の植物と信楽焼のたぬきさん^^
こちらも、見ているだけであたたかい気持ちになる、とっても大好きなコーナー。
おゆ太郎も一緒に写真撮りたかったな〜〜!

 

おゆ太郎
さてさて、続いては脱衣場に潜入。
洗面台やドライヤースペースが広くてとっても使いやすそう♪

おゆ太郎
銭湯でお馴染みの鏡広告には「ストリート11」の文字。
マップではストリート11は見当たらなかったんだけど、地元お馴染みのショッピングストリートだったのかな?
タイムスリップして歩いてみたいな〜〜。。

扉の前には、こちらもお馴染みの、レトロな体重計が。

がらがらと浴室へ続く扉を開けると・・・

おゆ太郎
わ〜〜〜〜〜〜!広くて明るくて綺麗で最高の浴室!
おゆ太郎が気になったのは、この形が珍しい鏡!
板状の鏡がツメ金具で留められている形が一般的で、こんな風に囲われて設置されているのは、実はあんまり見ない形なんだゆ〜^^

そして、何と言っても喜楽湯さんは浴槽やサウナの種類が充実しているところが嬉しいポイント!

おゆ太郎
中央に見えるのは、香りと健康効果が嬉しい薬湯、そして疲れた体をよ〜くほぐしてくれるジェットバス、さらに奥には、低温でゆっくりじっくり温まることができるラドン風呂。
効能も温度も違うお湯を3種類も楽しめるなんて、贅沢〜〜〜〜〜〜!

さらにサウナも2種類楽しめちゃう、なんて大満足すぎる仕上がり・・・

おゆ太郎
「熱気浴室」の文字が良い味を放つこちらはスチームサウナ!
たっぷりの湿度につつまれながらじっくり入ると、ちゅるんちゅるんなお肌になること間違いなし♪

おゆ太郎
すぐ横には、キンキンの水風呂じゃなくて、あえてぬるめの水風呂が用意されているのがポイント。
スチームサウナとぬるめの水風呂の相性はバツグン、ラドン風呂と合わせて、最高のチルスペースの完成〜〜!

そしてもう一つのサウナは、乾式サウナ。
喜楽湯さんの鑑識サウナは場所がびっくり!
入り口横にある「地下サウナ」の文字と、地下に続く階段・・・!

実はこの階段を下った先に、サウナと水風呂が現れるんだゆ〜〜!

おゆ太郎
じゃ〜〜〜ん!
サウナ好きの方必見!ガッツリ整える地下空間!

おゆ太郎
サウナの中も広々!出てすぐの水風呂!
はぁ〜おゆ太郎もいますぐに行きた〜〜〜い!;;

乾式サウナでシャキッと整うも良し!スチームサウナやお風呂でじっくり整うもよし!

ぜひふらっと立ち寄ってみてね〜!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お風呂の入り方はそれぞれ好き好きあるけれど、それぞれの楽しみ方で、きっと誰もが楽しめる銭湯。
街に行きがてら、昼でも夜でも、お好きな時間にふらっと入ることができる喜楽湯さん。

個々の楽しみ方で、ぜひ喜楽湯さんをじっくり堪能してみてください!!

〜ミニコーナー「本日の湯上がりの一曲」〜

音楽に特に詳しいわけではないですが、銭湯からの帰り道に音楽を聴く時間が好きです。
そんなわたしが銭湯の帰り道に聴いた、聴きたい曲を紹介する超ミニコーナー。

本日の一曲
カネコアヤノ「春の夜に」

昼のお風呂上がりにも、夜のお風呂上がりにも聴きたい一曲です。

ではまた。

2021.04.30

この記事を書いた人

大沼有加

記事一覧

1993年生まれ。札幌市立大学デザイン学部卒業。 夢は地元札幌で銭湯経営すること。東京都内の銭湯で3年半働き、現在は札幌市内の銭湯にて修行中。