森のおてんきやさん

こんにちは。松川まりこです。

 

今日は雪降るのかなあ、あら雨か~、なんて、

毎日空とにらめっこしている、今日この頃です。

 

そんな時に、ふと懐かしい本のことを思い出したので、

今日はこちらをご紹介させてください。

 

 

 

森のおてんきやさん

作:いのうえまりこ

 

 

この手作り感..。

実は、わたしの小学生の頃の自由研究です。(笑)

2年生の頃だったはず…。ちょっと字が汚いです。

少し長いのですが、ぜひ読んでみてください。

 

 

森に、お店屋さんがありました。そのお店には、こんな看板が出ています。

 

  ”おてんきや”

  きっとあなたのお役にたちます

  ♡ハル♡

 

 

店の中には、窓辺に揺り椅子がひとつあるだけです。

そして、いつもねずみのおばあさんが座っています。

彼女が、この店の主人のハルさんです。

 

ハルさんは、店番をしながら、ぼんやり考え事をしていました。

隣の村にいるハナさんのことでした。

窓から空を見上げて、こうつぶやきました。

「どうしてるかねえ。会いたいもんだねえ。」

 

 

今日は久しぶりに雨が降っています。

りすの女の子が、そうっとお店に入ってきました。

すると、ハルさんが言いました。

「いらっしゃいませ。どの天気にいたしましょう。」

そして、女の子の前にメニューのようなものを出しました。

そこには、いろいろな天気が書いてありました。

はれ、くもり、あめはもちろん、かみなり、ふぶき、あらし、

そのほか、こまごま書いてあります。

どうやら、レストランのように注文するようです。

 

 

 

女の子は言いました。

「はれ。」

ハルさんは「かしこまりました。」と言うと、

奥の部屋から小さなラッパを持ってきました。

そして、

「このラッパを吹くと、はれになりますよ。」と言いました。

 

女の子は、ラッパをもらうと、元気よく外へ飛び出しました。

そして、そうっと『ド』の音を一回吹いてみました。

すると、雨が少しだけやみました。

女の子は嬉しくなり、一気に

『ドレミファソラシドー』と吹いてみました。

すると、周りがパーッと明るくなり、大きな虹が女の子の上にできました。

 

外はポカポカあったかくなり、お日さまがニコニコ照り出しました。

女の子は、喜んでお店に戻って、お礼を言いました。

「はれにしてくれて、どうもありがとうございます。

今日、お母さんとお父さんとピクニックに行く約束だったの。

お母さんは夕べからお弁当の支度をしていたの。

お母さんの作ったお料理は、とってもおいしいのよ。」

そして、女の子は帰って行きました。

 

女の子が帰ったあとで、ハルさんは真っ青に晴れあがった空を見上げて

こうつぶやきました。

「わたしもいつか、あの子のお母さんの作ったお弁当、食べてみたいもんだわねえ。」

 

 

今日は、昨日に引き続き、はれです。

うさぎの男の子が元気よく店に入ってきました。

 

 

すると、ハルさんが言いました。

「いらっしゃいませ。どの天気にいたしましょう。」

そして、男の子の前にメニューのようなものを出しました。

男の子は言いました。

「くもり。」

ハルさんは、「かしこまりました。」と言うと、

奥の部屋からオカリナを持ってきました。

そして、

「このオカリナを吹くと、くもりになりますよ。」と言いました。

 

男の子はオカリナをもらって、元気よく外へ飛び出しました。

そして、そうっと『ド』の音を一回吹いてみました。

雲が少し多くなりました。

男の子は嬉しくなり、一気に

『ドーレーミーファーソーラーシードー』と吹いてみました。

すると、雲が集まってきて、空いちめん、くも、くも、くも……。

 

男の子は喜んで、お店に戻ってお礼を言いました。

「くもりにしてくれて、どうもありがとうございます。

今日、マラソン大会があるんです。

走るのに涼しくて、ちょうどいい天気になりました。

お父さん、出るんです。

お父さんの走ってる姿、とーってもかっこいいんだよ。」

 

男の子が帰ったあとで、ハルさんは涼しげなくもり空を見上げて

こうつぶやきました。

「わたしもいつか、あの子のお父さんの走っているところ、見てみたいもんだわねえ。」

 

 

今日は、昨日に引き続き、くもりです。

きつねの女の子がニコニコしながら入ってきました。

 

 

すると、ハルさんが言いました。

「いらっしゃいませ。どの天気にいたしましょう。」

そして、いつものように女の子の前に、メニューのようなものを出しました。

女の子は言いました。

「あめ。」

ハルさんは、「かしこまりました。」と言うと、

奥の部屋からウッドブロックを持ってきました。

そして、

「このウッドブロックを鳴らすと、あめになりますよ。」と言いました。

 

女の子はウッドブロックをもらって、元気よく外へ飛び出しました。

そして、そうっと一回鳴らしてみました。『タン』

すると、黒い雲がもわもわのぼってきました。

女の子は嬉しくなり、一気に

『タントンタントンタントン……』

すると、大雨になりました。

 

女の子は喜んで、お礼を言いました。

「雨にしてくれて、どうもありがとうございます。

わたしのうちのお庭には、いーっぱいお花があるの。

でも、最近雨が降ってないので、ちょっと元気がなくなってきたの。

これでもう大丈夫だわ。

うちのお花、とーってもきれいなのよ。」

 

女の子が帰ったあとで、ハルさんはどしゃぶりの空を見上げて

こうつぶやきました。

「わたしも、いつかあの子が育てた花を見てみたいもんだわねえ。」

 

 

次の日、ハルさんに一つの手紙が届きました。

その手紙には、ハルさんの双子の妹のハナさんが

病気になったと書いてありました。

 

 

ちょうどそのとき、りすの女の子とうさぎの男の子ときつねの女の子が

お店に入ってきました。

りすの女の子が言いました。

「あら。ハルさん、なんか元気がないみたいよ。どうしたの?」

 

そして、みんなは、ハルさんから事情を聞きました。

ハルさんの双子の妹のハナさんが病気だということ、

ハナさんの家は、隣村にあること、

険しい道で、一人じゃとても行けないこと、

心配で、気持ちが落ち着かないこと……。

 

それを聞いて、三人は、何か相談をしながら

それぞれの家に帰っていきました。

 

 

夕方になってから、トントントンとハルさんの家のドアが鳴りました。

ハルさんがドアをあけると、

りすのお母さん、うさぎのお父さん、きつねのお母さんが立っていました。

 

うさぎのお父さんが言いました。

「どうぞ、わたしの背中に乗ってください。

ハナさんのうちまで、背負って連れてってあげましょう。」

 

りすのお母さんも言いました。

「お弁当を作ってきましたよ。

向こうに着いたら、みんなで食べてください。」

 

きつねのお母さんも言いました。

「これはお見舞いの花束です。

ハナさんきっと元気になりますよ。

 

出かける前に、ハルさんはラッパを吹き鳴らしました。

すると、雨がやみ、雲が消え、まんまるお月さまが顔を出しました。

「いってきまーす。」

二人は出発しました。

 

お月さまはこうこうと、道を照らしてくれました。

やっとのことで、二人はハナさんのうちに到着しました。

 

三人はお弁当を食べました。

疲れていたハルさんもうさぎさんも、お腹いっぱい食べて、

すっかり元気になりました。

ハナさんもお弁当を食べて、顔色が良くなってきました。

 

ハルさんが花瓶にお花を飾ると、

部屋中が良い香りでいっぱいになりました。

三人とも、とてもいい気分になりました。

 

 

次の日の朝、森の動物たちは、空を見上げました。

空は、真っ青に晴れあがった青空でした。

これはハルさんからの、

「ハナさんは元気になりましたよ。」という合図でした。

森のみんなは安心しました。

 

その日の夕方、ハルさんとうさぎさんは帰ってきました。

ハルさんは店に戻ると、窓辺の揺り椅子に座りました。

そして、昨日からの出来事を思い浮かべました。

うさぎさんに背負われて、連れて行ってもらったこと、

その速かったこと、

りすさんのお弁当のおいしかったこと、

きつねさんのうちのお花の美しかったこと、

ハナさんが喜んでくれたこと…。

 

ハルさんは、窓から空を見上げて、こうつぶやきました。

「わたしの望みがすべて叶ったのも、

全て森のみなさんのおかげだわ。

わたしももっと、おてんきやを張り切って、

みなさんのお役にたつよう、がんばりましょう。」

 

 

おわり。

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

ふと、窓を見ると、雪が降っていました。

雪を降らせるなら、なんの楽器が良いでしょうかね。

ちらちらふわふわ、きれいな大粒の雪を降らせるなら、トライアングルとか…?

 

寒くなりますが、からだには気を付けましょうね!

 

 

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪