日替わりの絵画


こんにちは 
YOMEです。

 

働き出してから知った言葉があります。

「借景」

しゃっけい

と読みます。

どこまでも続く森を眺めることのできる

大きな窓のあるカフェでのこと。

「借景を生かしているだけなの」と

聞いたときのこと。

 

日本庭園や中国庭園における造園技法のひとつで、庭園の構成に背景の景観を取り入れることを指すのだそう。

景色を、「借りる」という発想。

言葉の作り方が素敵だなぁと思いました。

 

結婚した頃に住んでいた、築40年以上の家は、祖父母が建てたもの。

その頃といえば、日本庭園風の庭が一種のステイタスだった時代。

実家の祖父母の家にも、池やら松やらがあって、低いところ、高いところが作ってあり、奥行きや目線の変化をつける日本庭園づくりの庭だったなぁと。

ですから、我が家の窓から眺めるのは、

そのお庭。

その先に畑、という配置でした。

 

新しく家を建てるときに、家族でこだわったのは、

「この風景をたっぷり見られる」

ということ。

かくして日本庭園は解体?され(一部の岩や草木は移植しました)、居間の目の前に畑が広がる景色へと一変されたのです。

十勝の畑作は、輪作体系がとられているため、作物は畑をローテーションしながら育てられます。

今年の窓からはデントコーン、その次は小麦、その次はじゃがいもといった具合。

 

だから、窓から見える風景が毎年変わるのです。

さらに、畑の向こうの防風林と日高山脈。

母が「十勝観音」と名付ける、全長20kmの壮大な観音様が横たわる姿が見られます。

さらに、見渡してみると、

家も

電柱も

電線も

そういった、人工物が見えません。

農業者が作り出す畑の風景と、

自然界が作り出す空と山と木々。

 

毎日毎分毎秒変わる風景は、

どれだけ見ていても

見飽きるということがありません。

構造上可能な範囲の大きさの窓を入れてもらい、窓枠もつけませんでした。

「一枚の絵みたい」

そう言って気に入ってくださる方の多い、我が家のイチオシの場所になりました。

これから始まる冬は特に美しい季節。

しんしんと振る雪が、

世界を真っ白に塗り替えていく時。

オレンジからピンク、淡いクリーム色、やがて深い藍色へと変化していく夕暮れ。

いつかの、空の話でも書きましたが、

自分のすぐ近くには、

こんなにも、美しい世界が広がっていることに、気づかせてくれる、そんな窓なんです。

 

景色を、借りる。

農業は作物だけでなく、

景色をつくる、仕事でもあるのだと思います。

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。