焼き芋、焼いてみた

こんにちは! YOME?!です。

先日、「焚き火でサツマイモを焼く」ということをしてみました。

キャンプ場で、じゃないですよ。

自宅でです。

街中ではできないのが、まず「焚き火」。

もちろん、自宅でするときも風向きには要注意。

付近に燃えるものがないかも気をつけて。。

 

先日収穫した白花豆の豆がら(くきやさや)を積み上げておきました。

秋風にさらされてカラカラに乾燥。

あっという間に燃えてしまうので、薪ストーブの焚き付けなどにも利用できます。

「今日、豆がら焼くのに、焼き芋したいね」

そんな話になったところ、、

「ピンぽ~ん」

なんと!

宅急便で「サツマイモ」の贈り物が届きました!!!!

タイミングよすぎる。。。

ということで、さっそく焼き芋の準備。

新聞紙をぬらしてサツマイモにしっかりと巻き付けます。

 

その上にアルミホイルを2重巻きくらいにします。

「焼き芋は上下に火が入るように真ん中に入れる」とのことだったので、

豆がらの山をほじくって、

そこにイン。

火をつけるとあっという間に燃え広がりました。

わくわくわく。。

さやに残った豆がはじける「ぴゅいん」という音を聞きながら焚き火…。

この日は割とぽかぽかの陽気。すっかり収穫を終えた畑を見ながら、休息のひと時。

気持ちのよい冬晴れを満喫しました。

1時間ほど、じっくり焼いて。。

どこだどこだ~? と宝探しのようにすると、

あったあった!

できてるかな~?

じゃ~~んん!

おお! 立派な焼き芋が登場。

 

すぐにハフハフ頬張ります。

んん~、おいしい!

最高ですね~。

ふっくらしっとり蒸し上がりました。

いただいたサツマイモは、その後もフライドサツマイモにしたり、大学芋にしたりして

堪能中です。

 

天高く 馬 肥ゆる 秋

じゃがいも、かぼちゃ、大根、ニンジン…

根菜類が大活躍の、おいしい秋、冬ですね。

 

 

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。