小説・映画ドラえもん のび太の月面探査機

こんにちは。

今回ご紹介するのは、誰もが知る、あのアニメの小説版。

 

今年の3月に、作家の辻村深月さんが脚本を書いた

映画「ドラえもん のび太の月面探査機」が公開されたのですが、

辻村さん自身が書き下ろした小説も出ていることを最近知り、

これは絶対読みたい!!と思っていました。

 

(辻村さんの本は、以前も紹介したことがあります。→『かがみの孤城』の記事はこちら

 

 

じゃあ、頭の中であの声をイメージして読んでくださいね。

いきますよ!

 

 

\ 小説・映画ドラえもん /

 のび太の月面探査機

原作:藤子・F・不二雄

著:辻村深月

発行所:株式会社小学館

 

 

月のうさぎを信じていることを、クラスのみんなに笑われたのび太は、

ドラえもんのひみつ道具を使って、月の裏側にウサギ王国を作ります。

そして、この王国を自慢するため、

ドラえもんと一緒に『どこでもドア』で友だちを月へ連れて行きます。

いつものメンバー、ジャイアンにスネ夫にしずかちゃん、

そして、ちょうどその頃転校してきた、不思議な男の子ルカも一緒に。

ルカの正体はいずれわかるのですが、

その秘密のために窮地に立たされたルカを、

のび太達は宇宙の果てまで助けに行きます。

 

 

いつも辻村さんの作品に感じる

なんていうんだろう、「辻村さん」感は、

あえてひそめている感じがしました。

でも、その分、ドラえもんやのび太が、頭の中で生き生きと動き回ります。

小さい頃から「ドラえもん」を見てきただけあって、

動きや声がとても鮮明にイメージできるのが不思議。

(ちなみに、わたしの頭に登場するのは、子供の頃見ていた大山のぶ代さんの声です)

 

そして、のび太やルカの間に芽生える友情に、ほろり…。

家族や友だちを、改めて大切にしたいなと思わせてくれる物語です。

 

わたしにとっては、久しぶりの「ドラえもん」でしたが、

大人になってから再会するドラえもんも良いものですね。

 

黒地にキラっと光る金色で、

宇宙に浮かぶ月が描かれたオシャレな表紙も、

大人としては(笑)、手に取りやすかったです。

 

わたしも「どこでもドア」で月に行きたーい!

 

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪