ずぼら食堂・夏

サバ缶の冷や汁

本州育ちとしては、北海道の夏は物足りない。

くるか、くるか、暑さくるか、と身構えていると、

お盆がすぎて涼しくなっちゃう。

うだるような暑さと、木々のむせかえるような濃い緑がなければ、

夏を実感できないのに!

 

そんな肩透かしをここ数年くらってきたが、

2年前から住み始めた帯広はそんな「暑さ恋しさ」に数日間だけど応えてくれる。

たまに「ここで!?」というサプライズなタイミングで暑さがやってくる。

 

あづい~うお~~苦し嬉しい。

汗、でるわでるわ。

ああ、さらさらしたもの、食べたい。

こんなときはあれを作りたくなる。

漫画「おりおりスープ」(綿貫芳子著、全4巻)にでてくる、「さば缶の冷や汁」。

本の装丁の仕事をする主人公はスープ好きで、

季節折々の旬を取り入れた美味しいそうなメニューが毎回紹介される。

飲食店で食べるときもあれば、

主人公が自分で調理するシーンも多い。

 

どれも基本的にはそんなに手間のかからないレシピになっていて、

ふとしたときに、「今晩はアレ作ってみようかな」となる。

冷や汁の材料はざっくりこんなかんじ。

*材料

サバの水煮缶 1コ、きゅうり 1本、トマト  1コ、木綿豆腐 1/2、みょうが   1コ、大葉、ご飯、水、すりゴマ、いりゴマ、味噌、塩

*手順

①アルミホイルにミソを薄く平らに置いてトースターで焼き目をつける②木綿豆腐は水切りしておく③大葉とミョウガを千切りに④きゅうりは輪切りにして塩もみしておく⑤サバ缶の身と、豆腐・大葉・ミョウガ・きゅうりをボウルに入れてほぐし混ぜる⑥別のボウルに①で焼いたミソ、サバ缶の汁、すりゴマを入れ適量の冷水で伸ばしながら溶く⑦お茶碗にごはんをよそって⑤の具をのせ、⑥の汁をかける⑧最後に角切りトマトといりゴマを散らして完成!

そう、要するに「冷たいネコマンマ」だ。

 

夏野菜はいまだったら簡単に手に入るし、

味噌をトースターですこし香ばしくしたり、すりゴマもまぜたりと、

ちょっとした工夫があるのもずぼらとしては満足感が高い。

そして、食欲がなくてもさらさら~と食べられる。

味噌汁って冷たいのも結構行けるなと気付く。

 

ちなみにキュウリはスライサーで薄切りにするよりも、包丁で輪切りにした方が食べ応えがあると思う。

あと便乗して高校時代よくやっていたサバ缶レシピも紹介。

生徒の間では「ガクソ」と呼んでいた。おそらく学生ソバの略。

*材料

サバ缶 1コ、マヨネーズ  適量、醤油やめんつゆ   適量、そうめん

*手順

①サバ缶1コ(汁もまるごと)とマヨネーズ、めんつゆをボールにいれて混ぜ合わせる②そうめんをゆでる③①で②を食べる 以上

究極のずぼら。めんつゆに飽きたらやってみてほしい。

見た目はグロテスクだが美味い。

みなさんは夏に食べたくなるもの、ありますか。

この記事を書いた人

ぴりか

記事一覧

AB型左利き、ついでに夫もAB型。東京山形を経て2015年から道民。 好きなことは、食、登山、漫画、朝ドラなど。