100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

こんにちは、松川まりこです。

 

人と出会いがあるように、

本とも巡り合わせのような「出会い」があると思っています。

いきなり、くさい感じですね(笑)。

 

わたしの場合、図書館や本屋さんでたくさんの本を前にすると、

まずは自分が好きそうな本から手にとってしまい…

いつもどこか似たようなジャンルの本を選んでしまいがちです。

 

だから、人におすすめされる本って、

予想外の出会いがあり、面白いです。

 

今回おすすめするのは、尊敬している先輩からいただいた本です。

 

 

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

著者:松浦弥太郎

発行所:株式会社マガジンハウス

 

 

 

松浦さんは、雑誌『暮らしの手帳』の編集長をされていた方。

現在は、「COW BOOKS」という書店の代表をされています。

 

この本では、「COW BOOKS」のスタッフが共有する

働く上で大切にしたい100のルールと、

松浦さんが自分自身を知り、考え、成長し、そして自分らしくいるために心がけている

基本としての100のルールが紹介されています。

 

暮らしていく上で大切にしていることは人によって違います。

「あなた」自身の100の基本を考えて、そしてそれを言葉や文字にしてみることが

自分自身をよく知ることにも繋がるのだと、松浦さんは語りかけてくれます。

 

ただ、わたしはこの本を読むだけで、「ははあ~~」と手をつきたくなります(笑)。

 

松浦さんのルールは、暮らしていく上で本当に基本的なことが多いんです。

ただ何も考えずに暮らしていると、なあなあになりがちなこともある。

挨拶上手になる、どんなものでも修復する、小さい約束ほど大切にする、、、などなど。

 

そして、それぞれのルールに、松浦さんが考える、その真意が書かれています。

考えの深さに背筋が伸びます。

こういう生き方が、「丁寧に暮らす」ということなんだなあと。

そして「暮らしを楽しむ」ことでもあるんだなあと。

 

同じルールにしても、

なぜそれを大切に思うのか突き詰めることが、

「自分なりの100の基本を考える」ことなのだとは思いますが、

今はこの本を読むだけで、

充分、自分の暮らしぶりを見つめなおすきっかけになっています。

 

生きる上での参考書のような、自分を見つめ直すきっかけをくれる一冊です。

行き詰まったときに、何かヒントを探して開いたり、

毎日少しづつ読み進めるのも、良いと思いますよ♪

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪