パーマネント神喜劇

 

こんにちは。松川まりこです。

 

今日は、パーっと明るい気持ちになる一冊をご紹介します!

 

 

パーマネント神喜劇

著者:万城目学

出版社:新潮社

 

 

 

著者の万城目学さん、大好きなんです。

著書は『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』『プリンセストヨトミ』などなど。

言葉が良いかわかりませんが、一言でいうと「ぶっ飛んだ」作品が多いです。

(『鹿男あをによし』は、鹿に話しかけられた主人公の顔が、なんと鹿になってしまいます!斬新!

ドラマでは、玉木宏が鹿になっていました(笑))

 

「ぶっ飛んだ」展開にも、なぜかスッと入っていけるのが、万城目作品。

こんなに風呂敷を広げて、物語がおさまるの!?という心配をよそに、

いつもすっきり、納得の終わり方が待っています。

 

ご紹介する『パーマネント神喜劇』は、

神社を預かる縁結びの神様のお話です。

神様に願いを託した人間が、叶えてもらう…、うーん、振り回されているような?(笑)

なんだかドタバタした神様のお仕事のお話。

人間くさくて、憎めない小太りのおじさんの神様です。

 

四つのお話に分かれますが、最初から最後まで飽きさせません。

読んだあとには、神社にお参りに行きたくなりますよ、

良いことが起きる気しかしません!(笑)

 

万城目さんの本は、歴史や言い伝えや文学作品を

モチーフにしていることが多いように思います。

こういう世界が好きで、大真面目に、全力で遊んでいる印象です。

 

万城目さんのフィルターを通すと、

小難しさが取っ払われて、とっつきやすくなるのが不思議。

 

ぜひ、手に取ってみてください♪

 

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪