新⁈珍⁈ ご当地アイテム(農家の休日編)

こんにちは。YOME?!です。

 

前回告知した満寿屋商店の「黒豆塩バターパン」ですが、
「せっかくなので、製造過程を見てみたい!」 と打診したところ

「今時期は繁忙期なので、10月くらいでしたら大丈夫です」

との返事。ですので、その頃に紹介したいと思います。お楽しみに!

 

 

ということで、、

最近天気も悪くて畑の写真が撮れないな~

ん?! それなら、雨の日=休日ネタでいいんじゃない

と思い立ち、台風10号が接近する中、向かった小樽で出会った、
ちょっと面白い『ご当地アイテム』を紹介します。

台風が通り過ぎて強風の小樽。雨、風、晴れ間、の不思議な天気でした。
でも、だからこそ、お出掛けできるのが農家の現実。。。

 

小樽と言えば、何が思い浮かびますか??

小樽運河? 寿司? ガラス? 水族館?

 

私たち農家が思い浮かぶもの。。

それは…

創業100年の長靴メーカー「ミツウマ」です!

 

え?なにそれ??

と、思った方はこちらのホームページをチェック!

株式会社ミツウマ

小樽で大正8年に創業されたゴム長靴のメーカーです。

このマークの長靴、見たことありませんか?

 

3頭の馬の顔がデザインされたゴム長靴です。

最近は農業以外でも、ガーデニングやフェスなどでおしゃれ長靴が活躍していますよね。王道のAIGLEやおしゃれな人はみんな履いてるHUNTER。デザイン性とコンパクトさでじわじわ人気なのが、日本野鳥の会。

 

そんな中、ガチで農業シーンで活躍してくれている、MADE IN HOKKAIDOのゴム長靴がミツウマなんです。

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、そのミツウマさん。2019年で創業100周年。それを記念して札幌市立大学の学生とコラボして、こんなものを作っちゃったんです。

ご当地おじさんハンコ

 

制作までの山あり谷ありのストーリーはぜひホームページを見ていただきたいのですが、私がこれを見つけたのは、小樽の”おじさん”がいる、新南樽市場の「ながぐつや」でのこと。

元来、スタンプ&ラリー好きな私。道の駅スタンプラリーは2008年に全駅制覇を成し遂げ、今は新たに御朱印集めに凝り始めようとしているところ…。

そこで目に入ったのが、この「ご当地おじさんハンコ」。

おじさんのトレードマークともいえる「ひげ」と「長靴」(?)。

そして、写真をトレースした、シンプルかつ大胆な「おじさん」の顔ハンコ。

これは、、

ハンコほしくなる!

ついでにおじさんに会いたくなる! いや、私だけかもしれませんが。。(汗)

ハンコは全部で12種類。なんと、シークレットおじさんハンコもひとつあるそう。

 

もちろん、その場で小樽のおじさんをゲット。ついでにツーショットも。

 

うん。同じ顔。

 

 

 

それで、このハンコ。

現地のおじさんひとつと、他1種類のおじさんが付いて2個セットなんです。

もうひとつはどこのおじさんかな~?? とわくわくしながら開いたら。。

 

 

中札内おじさん(右)

 

地元じゃん! いつでも会いに行けるおじさんひいちゃった!

と軽くショックを受け。。

 

また、次のおじさん候補地に旅がてら行こうかな~と思っている次第。

この企画、「地域おこし」の一端のようなのですが、いいですよね~。おじさんを訪ねる旅。

どこかで見かけたら手に取ってみてください。

 

 

「農家は雨の日出掛けられる」。

 

だから、私は雨の日が好きです。それではまた。

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。