下鴨アンティーク アリスと紫式部

こんにちは!松川まりこです。

8月も終盤。

暑さも弱まり、少しづつ風が出てきて、

秋を感じるようになってきました。

ちょっと寂しいような、過ごしやすさにホッとしているような…。

 

今日は、秋らしい気持ちになる一冊をご紹介いたします!

 

 

下鴨アンティーク アリスと紫式部

著者:白川紺子

発行所:株式会社集英社

 

 

 

舞台は京都の下鴨。

両親を早くに亡くし、祖母に育てられた鹿乃は、

アンティーク着物が大好きな高校生。

兄とその友人と三人で、今は亡き祖母がのこした古い洋館に住んでいます。

 

鹿乃は、祖母から蔵にある着物の管理を引き継いだのですが、

ある日、しまい込まれていた着物を虫干ししたことから、事件は起こります。

 

実はそこにしまい込まれていたのは、

祖母が人から預かっていた、いわくつきの着物たち!!

かつての着物の持ち主の強い想いによって起こる

不思議な現象を抑えるため、

鹿乃は、過去に起きた出来事を紐解いていきます。

着物にまつわるミステリーです。

 

着物の柄や、古典文学が謎解きのカギになっていて、

思わずこちらにも興味が湧きます。

いくつかのエピソードの入った連作の本ですが、

どれも最後にはほっこりできるお話です。

 

おばあちゃん子の鹿乃が素直でかわいらしく、

レトロモダンな世界観も、とても魅力的でキラキラ!

 

着物に古典に、はんなりした京都弁に…、

京都の街の空気を思い切り吸い込んだような気持ちになります。

 

実を言うと秋の話ではないのですが…(笑)。

京都と言えば秋!というイメージを持ってるわたしにとっては、

(しかも秋にしか京都に行ったことがない)

吸い込む空気は秋のものでした(笑)。

秋の京都、素敵ですよね!

 

 

少女マンガのような、女の子の好きそうなものが詰まった一冊です。

 

 

シリーズで8巻まで出ているので、

世界観にハマったら、続きもぜひ読んでみてくださいね!

この記事を書いた人

松川まりこ

記事一覧

札幌出身、旭川在住。読書アドバイザー。 本にまつわるお話を発信します。レトロなもの、雑貨、甘いもの、カフェ巡りが好き。カバンに本を放り込んで、自転車であちこち駆け回ります♪