帯広ランチvol.4

いでっこ庵

大人になってから好きになったもののひとつに、あんこがある。

昔は甘ったるくて食べられなかった。でもある冬の日、お呼ばれしたお宅でぜんざいをいただく機会があり、美味しさに気づく。
この甘さと塩味の絶妙なバランスが真のあんこ!
それからはふいに食べたくなる好物になった。
秋の気配がしてくる今日この頃。
冷え込む夜もあって早速ぜんざいが食べたくなったので、帯広駅からそう遠くない「甘味CAFE いでっこ庵」に夫と行ってみた。
お店は一見民家のよう。引き戸を引いて中に入る。
店内は5〜6のテーブル席とカウンター席。至ってシンプルな内装にクラシックが流れている。おやつタイムにきたら思わず長居してしまいそうだ。
ちょっとコワモテの男性がひとりでやっているというギャップがツボ。
パフェやパンケーキなど、メニューをみてるだけで楽しくなる。ドリンクメニューも豊富。極みつけは甘味御膳。これでもかというほど何種類ものスイーツが一度に楽しめるボリューミーセット。ふたりで楽しむのもアリかもしれない。
初心貫徹ということで今回はぜんざいを注文。切り餅か白玉か選べる。
一緒に来た夫は回転寿司の後だというのにガッツリ抹茶パフェを注文。
お待ちかねぜんざいがいらっしゃった。
お豆はもちろん十勝産。ご親戚の方から買い付けるときもあるそう。
大きな切り餅がふたつ気持ちよさそうに小豆の海に寝転がっている。
箸休めに塩昆布と、こぶ茶だろうか、しょっぱいお茶が。はふはふいいながらつぶあんをいただき、たまにお茶を飲み。あまいの、しょっぱいの…禁断のループへといざなわれる…
例年十勝では小豆の収穫は10月ごろ。
新物が出てきたらまた食べに行きたい。

いでっこ庵

帯広市西7条南13丁目12
営業時間 11:00〜20:00
火曜日定休
https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1049149/

この記事を書いた人

ぴりか

記事一覧

AB型左利き、ついでに夫もAB型。東京山形を経て2015年から道民。 好きなことは、食、登山、漫画、朝ドラなど。