秋祭り

こんにちは! YOME?!です。

田舎に嫁いで始まったことのひとつ。
それは、、

地域とのお付き合い。

そりゃそうですよね。

京都のように何百年、ということはないですが
同じ場所に100年近く住んでるんですもん。
それは地域とのつながりも濃くなります。

転勤族(と言っても十勝管内)で育った私にとって、「定住」というのも
ギャップのひとつでした。

若かりし頃は、十勝ですら「こんな狭い世界イヤー」って思ってました。
〇〇さんの娘、〇〇ちゃんのお姉ちゃん、と、
常に誰かと紐づけされていることがとても嫌だったんです。

 

私は私。

親・兄弟じゃなく、「私」のことしか知らないところへ行きたい。

 

そう思って、東京に進学しました。

 

学生にとっては東京最高です。
遊ぶ場所は無限にあるし、すべてのものが東京にあって、

ここが日本の中心と、その頃は思ってました。

 

でも、

初めての帰省となった大学1年生のGW。

分厚い灰色の雲に覆われた東京を飛び立ち、十勝上空に来たときに見た、
飛行機の窓からの、日高山脈と畑の、あまりにも色彩豊かな風景。

今思えば、その時に広がっていたのは、雪の下から顔を出した青い小麦畑です。

 

その風景を見たとき、なぜか涙が止まらなくなってしまって。。。
号泣しながら飛行機を降りました。

 

 

あぁ、私はいつか必ずここに帰ってこよう

 

 

と、そのときに決意したんです。

 

まさか、後々、その風景をつくりだす、農家にヨメにいくとは
その時思いもしませんでしたが^_^
そのお話はまた次の機会に。。

 

 

結局、大学卒業後の進路は、東京にするか地元に帰るか悩んだのですが、
そのタイミングで十勝に戻ってくることに。

 

ここで10年以上仕事をするうちに、
嫌だったしがらみは大切な人脈に、
苦手だった紐付けも、家族が近くにいる安心感につながっています。

地域とのつながりも、暮らしの大事な要素に。

 

 

 

現在私の住む集落には12戸(非農家2戸)の家族が住んでいます。
でも、じいちゃんの時代には30戸あったそうで、ここ50年ほどで、戸数は1/3に。
それでも耕作放棄地はないので、農場面積は約3倍になっているという計算です。

集落には小さな神社(鳥居と祠のみ)があり、新年はもちろん、
春祭り、秋祭りなどのタイミングでお参りします。
ムスメの100日参りの時にも、一番身近な神社だから、と、ご挨拶だけしてきました。

 

1月1日には、家族総出で神社参りと、隣の会館で新年会が行われます。
おかしを食べたりお酒を飲んだり、ビンゴゲームをやったり^_^

 

6月と9月には、連合町内会(もう少し広い地域)の運動会と秋祭り。
これらは春耕と収穫の安全や豊作を願っての意味も込めて、
スポーツ交流と焼肉などをします。

 

 

先日行われた秋祭り。

お年寄りはパークゴルフ、女性はミニバレー、男性はソフトボールで交流しました。
夜は夜店も出て、恒例の抽選会と叩き売り。
もちろん、実行委員も地域の人たちが交替でやるんですが、
私はどちらも楽しみにしている一日です。

 

 

開会式は中学校の校庭で。

開会式、始まっていますね(汗)

 

 

夜祭りは農協駐車場で。

 

 

盛り上がるのは叩き売り。

 

叩き売りの定番、こんなバナナもあります。

 

 

パフォーマーは子供たちに大人気。
似顔絵を描いた風船をプレゼントしてくれました。

 

 

運動後のビールは最高🍺🍺
夜店は焼き鳥、そばうどん、フライドポテト、焼きそば、たこ焼き、おやきなど。
これも「●●地区です」とツケで買えるシステムww 後からまとめて精算されます。

 

 

これから始まる収穫期は、朝から晩まで、空模様を眺めながら、駆け抜ける約2ヶ月。

地域のみんなが、怪我なく、事故なく、進みますように。

こうして地域と関りあいながら暮らしていると、
自分だけ、自分たち家族だけ、の幸せではないな~とつくづく感じます。

そう感じるくらい、大人になったということなのかな~~??

この記事を書いた人

YOME?!

記事一覧

十勝出身。農家の長男と結婚し、農家の嫁となる。農家の暮らしあれこれを嫁目線で発信。楽しく、自分らしく生きる、がモットー。好きなものはpH10以上の温泉、紙物全般、キャンドル、ひき肉。1児のハハ。