5月27日 ロゴス農園日記

こんにちは。ロゴス農園管理部のなってぃです。

農業に関する知識ゼロのわたしたちが日々手探りで作業している「ロゴス農園」のあれこれを綴るこの連載もはやばや2回目となりました。

前回はわたしたちが農園を始めるにあたった経緯(ざっくり)、下見に行った様子(絶望)をお届けしましたが、今回は農園に行くための準備の様子をお届けしようと思います。

まずは形から入ってみる。

農園をやっていくにあたって、必要なものっていろいろあるよね、という話に。
スコップや鍬などの器具と、石灰や化成肥料などの作物に使用するものと…

 

「みんなでおんなじロゴが入ったつなぎ着たいね!
 Tシャツくんで作ろうよ」

 

と言ったのは、形から入るタイプの次元さん。
我々マーケ部にはおなじみの「Tシャツくん」でシルクスクリーンをすることにしました。
(これまでに何度か使用したことがあるのです)

シルクスクリーン、やってみる。

Tシャツくんとは、誰でも簡単にシルクスクリーンでオリジナルTシャツをつくることができるキットです。
もちろんTシャツ以外にも印刷可能です!

まずは版を作ります。

 


黒で印刷した原画とスクリーンを

 


専用の機械に入れてスイッチオン。
(こちらは毎回使うのが久しぶりになってしまうTシャツくんに奮闘するわたしたち。左から先輩のありーさん、わたし、次元さん。)

取り出して水につけながらスクリーンをこすると…

 


こんな風に印刷した部分のスクリーンが溶けて版が出来上がります!

 


この上からインクを乗せて専用のヘラでのばすと、この透明な部分からインクが滲み出て絵柄が写るのです。

あらかじめ購入した深緑色のつなぎにどんどん印刷していきます。

 


にじみやかすれもまた味。

 


次元さんが描いてくれたかわいいロゴのつなぎが完成しました!

これで管理部の団結力も高まり、同じものを着用することによってさらに絆が深まる…はず?

ともかく、これを着て作業するのが楽しみになりました!

 

次回へつづく。

この記事を書いた人

結び目

記事一覧

北海道には美味しいお店、あたたかい人、魅力的な場所がたくさんあります。 この魅力をみなさまにお届けし、みなさまの暮らしをよりハッピーにするお手伝いがしたい。 そうして、わたしたちとみなさまを繋ぐ「結び目」が増えていったら嬉しいです。